無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Buy

計量要らずで減量サポート。このプレートなら、盛り付けるだけでコンビニ弁当をヘルシーに食べられそう!

CCD784FA-51F0-466D-AF31-9DA4A845C3C3_1_201_a

Photo::中川真知子

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

ダイエット中なので食べる量に気をつけているのだが、ついつい食べ過ぎてしまう。

そもそも、カロリー計算が面倒だ。

だが、消費カロリーが摂取カロリーを上回らないことには、脂肪は減っていかない。

ズボラな自分が健康的に食べる量をセーブするには、ダイエット向け宅食を契約するしかないのか……。そんなふうに思っていたときに、減量効果が見込めるヘルシープレートなるものを見つけた。

何をどれくらい食べるかわかる

32BD66B0-1474-41C6-A992-91885F75B39E_1_201_a

Photo::中川真知子

山内惠子のヘルシープレートの「のせたべダイエット箱入りセット(改定本入り)」の主役は、イラストが描かれた仕切り付きのプレート。

イラスト通りにプレートに盛り付けるだけで、面倒なカロリー計算や計量をせずとも、適量の献立を用意できるそうだ

筆者は白米を食べ過ぎてしまうので、減量する上での適量を知れるのは好ましい。

野菜のコーナーが広くできているので、プレートに従って盛り付ければ野菜の摂取量も必然的に増える。

コンビニ弁当の健康的な食べ方もわかる

550F2DDD-A170-49F1-A73E-96353BD0A593_1_201_a

Photo::中川真知子

ダイエット中だとどうしても避けたくなるのが、コンビニ弁当ではないだろうか。

最近はヘルシーなものも増えているが、量を食べ過ぎては意味がない。

6151F253-A38E-4DA6-95D4-AA297DE58848_1_201_a

Photo::中川真知子

「のせたべダイエット箱入りセット(改定本入り)」に同梱されている「ヘルシープレート使いこなしブック」を参考にすれば、コンビニ弁当の食べ方がわかる。

不足分をカット野菜で補ったり、あまったおかずとご飯は次に回したりするようだ。

いざ盛り付けてみると、コンビニ弁当では圧倒的に野菜が足りず、白米が多いことに気づいた。

415FC587-ADED-48E8-A92C-FA9C9C6CAE7B_1_201_a

Photo::中川真知子

ご飯はプレートにすり切りで50g。2倍盛りにしたら100gと覚えておくといいそう。

CD61944B-CE50-44DA-9486-B2B648070DDA_1_201_a

Photo::中川真知子

上下逆さにしても使える

B10AB1AE-6E7D-4679-824B-C9FC1D162CCF_1_201_a

Photo::中川真知子

「のせたべダイエット箱入りセット(改定本入り)」は普通に盛り付ければ、炭水化物40〜50%のダイエット用になります。これは主に、肥満を伴う2型糖尿病患者、減量が必要な患者のバランス食なのだとか。

上下逆さまにおけば炭水化物60%になり、さまざまな年代の栄養バランス学習用として使える。

電子レンジも食洗機もOKだからお手入れも楽。「ヘルシープレート使いこなしブック」には、使い方やレシピも載っている。

慣れてくればプレートがなくても、適量がわかってくるだろう。とりあえず3ヶ月の期間限定チャレンジなので、楽しんで続けていきたいと思う。

※表示価格は執筆時のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

(文、写真・中川真知子/Source: Amazon.co.jp)

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み