無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビル・ゲイツVC、EV車載電池スタートアップに再出資。リチウム不足解消に向け北米にプラント建設へ

ビル・ゲイツ

REUTERS/Eric Vidal/File Photo

ビル・ゲイツ率いるブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ(Breakthrough Energy Ventures)は先ごろ、電気自動車(EV)業界に迫るバッテリーのサプライチェーン危機の解決を急ぐリチウム関連スタートアップのマングローブ・リチウム(Mangrove Lithium)に2回目の投資を行うと発表した。今回はドイツの自動車メーカーBMWのベンチャーキャピタル部門、BMW iベンチャーズ(BMW i Ventures)との共同での投資だ。

ブレークスルーは2021年11月にマングローブの1000万ドル(約13億円、1ドル=130円換算)のシリーズAラウンドを主導していた。今回のラウンドで、マングローブの調達額は累計2500万ドル(約32.5億円)を超えた。

627e5aa727d5960019ee70ca

マングローブ・リチウムのサード・ダラCEO。

Mangrove Lithium

今回のラウンドでマングローブが得た出資額の正確な金額については投資家から明かされなかったものの、Crunchbaseによると、同社はシリーズA投資の時点でシードラウンドの300万ドル(約3.9億円)を含む合計1300万ドル(約16.9億円)を調達していた。

マッキンゼーの推計では、バッテリー市場は2030年までに少なくとも3600億ドル(約47兆円)規模になると見積もられている。マングローブのようなスタートアップにとっては大きなチャンスだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular