無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


北朝鮮から多くのIT技術者が世界中に送り込まれている…収益は金正恩政権の核開発に

The North Korean "freelancers" could pose as Japanese, South Korean, Chinese, Eastern European, or US-based teleworkers, the US said.

北朝鮮の「フリーランサー」は、日本、韓国、中国、東ヨーロッパ、またはアメリカ在住のテレワーカーになりすましているという。

Budrul Chukrut/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

  • アメリカは、北朝鮮がIT技術者を世界中に派遣し、彼らは職を得て収益を上げているとしている。
  • 彼らは中国、韓国、日本、東ヨーロッパ、またはアメリカを拠点とするフリーランサーを装うこともあるという。
  • 多くの場合、彼らは身分証明書を偽造したり、VPNを利用してリモートで働いているとアメリカの情報機関は述べている。

北朝鮮は、他の国籍の人間になりすました熟練IT技術者を世界中に何千人も派遣している。アメリカの政府機関は2022年5月16日、孤立したこの国の主な目的は、核兵器開発のための資金を捻出するためだと述べた。

アメリカ国務省(DOS)、財務省(USDT)、連邦捜査局(FBI)は勧告の中で、北朝鮮のIT技術者の多くは中国やロシアで働いており、アフリカや東南アジアでは少数ではあるがその他、北米、ヨーロッパ、東アジアなど世界の隅々にまで就職先を求めている可能性があるとしている。

「北朝鮮の求職者たちは、中国、日本、韓国、東ヨーロッパ、アメリカ在住のテレワーカーと名乗り、裕福な国でフリーランスとして契約しようとしている」とこれらの政府機関は述べている。

「IT技術者たちは、ソフトウェアやモバイルアプリの開発といった特定のITスキルのニーズを利用し、世界中のクライアントからフリーランスの雇用契約を獲得している」と勧告には書かれている。

それによると、他に求められている職種としてはモバイルゲーム開発、グラフィック・アニメーション、デートアプリ開発、暗号通貨プラットフォームの構築などがあるという。

アメリカの政府機関によると、彼らが働いて稼いだ金のほとんどはそのまま北朝鮮政府に流れ、収入の多くは同国の兵器開発計画に使用されるという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み