無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスク、デービッド・ソロモンなど著名経営者4人の景気後退に対する助言

テスラのCEO、イーロン・マスク。

テスラのCEO、イーロン・マスク。

HANNIBAL HANSCHKE /Getty Images

  • アメリカの大企業のCEOの中には、経済が不況へと向かっていると予測する人がいる。
  • イーロン・マスクは、「理不尽な時代」を乗り切るための資本準備金を用意するよう企業に助言している。
  • デービッド・ソロモンは、リスク選好について検討し、不況に備え始めるべきだと述べている。

不況が近づいている。少なくとも、アメリカの有名なCEOたちはそう考えている。

ここ数週間、イーロン・マスク(Elon Musk)やデービッド・ソロモン(David Solomon)などのビジネスリーダーたちが、迫りくる景気後退について警鐘を鳴らし始めている。実際、「CEO信頼感指数」はパンデミック開始以来の最低水準に落ち込んでいることが、ビジネス調査機関である全米産業審議会(CB:The Conference Board)の最新調査で明らかになった。

この調査は、2022年4月25日から5月9日の間に、主に上場企業のCEO133人を対象に行われた。その結果、大多数のCEOは、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによるインフレ抑制策によって、緩やかではあるが景気後退が引き起こされるだろうと考えていることが分かった。

CBのチーフエコノミスト、ダナ・M・ピーターソン(Dana M. Peterson)が声明で述べたところによると、CEOたちは将来に対する見通しを「暗い」としており、今後6カ月の間に経済が悪化すると予想したCEOは60%に上ったという。

不況の可能性に関する4人のCEOの見解と、それに備えるためのアドバイスを以下にまとめた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み