無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代50人に聞いた、お気に入りアプリ6選。「インスタは不人気。加工できない写真SNS、星占いが人気」

Z世代の女性

Z世代は普段どんなアプリを使っているのだろうか?

Rido/Shutterstock

Z世代は、幼少期からスマホに触れて大人になった最初の世代だ。1995年から2012年頃に生まれた世代と定義されるこの層は、インターネットのない世界を知らないため「デジタルネイティブ」と呼ばれることも多い。

トレンドの発信者としては、ようやくミレニアル世代(1980年から1994年頃生まれ)からの世代交代が起き、Z世代がメインストリームになってきた。今や彼らが流行を牽引する世代だとベンチャーキャピタルも注目しており、これまでにも、Z世代の動きが消費者向けテクノロジーの次の大きなトレンドをつくり出してきた。

例えば、衣服のフリマアプリである「Depop」を、2000年代に流行ったローライズのジーンズやバゲット・バッグ、ビンテージのスカジャンがよく取引される場にしたのもZ世代だ。2021年にネットショッピング大手のEtsyはこの動きに目を付け、16億ドル(約2000億円、1ドル=127円換算)でDepopを買収した。

それでも、コロナ禍により使うアプリを見直すZ世代は多かった。オレゴン州ポートランドに住むスザンナ(25)は、InstagramとFacebookに費やす時間を減らした。

「依存を断ち切ることができてしまうくらい、魅力が激減したんです。今は薄っぺらい友人関係がかなり減って、ごく近しい人たちと親密な関係を築けていると感じます」

インデックス・ベンチャーズ(Index Ventures)のパートナーであるレックス・ウッドベリー(Rex Woodbury)は、Z世代が使うアプリは最も親しい友人との関係を強めるプラットフォームが中心になっていくだろう、と考えている。Z世代に人気の写真共有アプリは、気心の知れた者同士で、フィルターをかけない写真をシェアするようなコミュニケーションが基本となっているからだ。

「デジタル・ネイティブ」というメルマガも発行しているウッドベリーは、4重の同心円を使ってSNSを分類する(下図)。

同心円を使ってSNSを分類した図。

Rex Woodbury

最も内側の円は親しい家族や友人だ。2つ目が普通の友人、3つ目が知人、4つ目が他人となる。

「人気のSNSは1番と4番の円に向けたものになるんじゃないでしょうか」

一方で、Z世代は人生に対する不安を軽減してくれるアプリにも惹かれるようで、アイデンティティや人生の意味についての疑問を解決するために占星術のアプリを使っている。これらのアプリでは、生まれた日付、時刻、場所を入力することで、占星術チャートと毎日の星占いを受け取り、友達と比較することができたり、相性のいいパートナーを見つけたりできる。

「出身地や宗教に基づいたアイデンティティがなくなったことで、アイデンティティを変化させたり自分で選んだりする人が増えています」

そう話すのは、ビハインド・ジーニアス・ベンチャーズ(Behind Genius Ventures)の創業者兼パートナーであるペイジ・ドハーティ(Paige Doherty)だ。占星術アプリの人気が一時的なものではないのはそれも理由だと指摘する。

以下では、Z世代50人とZ世代のベンチャーキャピタリスト数人に、最近ダウンロードしたアプリを挙げてもらい、それをもとに人気のアプリ6選をまとめた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular