無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクの純資産が1カ月で5.3兆円減。Twitter買収不成立でもさらなる資産喪失の恐れ

イーロン・マスク

Andrew Kelly/Reuters

イーロン・マスクによる440億ドル(約5兆7000億円。1ドル=130円換算)のTwitter買収はまだ成立していないが、この世界一の富豪はすでにダメージを受けている。

ブルームバーグ・ビリオネア指数によると4月14日の買収提案発表以来、マスクの推定純資産は2510億ドル(約32兆6300億円)から2100億ドル(約27兆3000億円)へと16.3%減少した。テスラのCEOであるマスクがTwitterへの入札を開始してから、同社の株価が29%下落したことが要因だ。マスクの財産のほとんどは、この電気自動車メーカーの株式で構成されている。

マスクは怖気づいたのか、「ユーザーの5%未満がボットであることをTwitterが証明できない限り、この買収は保留だ」とツイートしている。また買収の再価格設定について、会議中マスクが「あり得ないことではない」と発言したとも報じられた。

マスクは、技術売却にともない株価が下落したTwitterをさらに安値で買収するためにスパムボット問題を利用しようとしているのかもしれない。または、この取引を完全に放棄しようとしている可能性もある。

しかし、この交渉戦術が成功したとしても、彼のテスラ株の多くは数十億ドルの信用貸しにより縛られることになる。彼が買収から手を引くことを決めたとしても、Twitterがこの買収に決着をつけるために、または数十億ドルの損害賠償を求めるために、マスクを訴える可能性がある。

世界一の富豪であってもリスク甚大

マスクは自身のリスクを減らすためにいくつかの方策をとったが、それでもまだ信用貸付にかかる数億ドルの債務処理費用や、300億ドル(約3兆9000億円)近いエクイティ部分の調達をする必要がある。

モルガン・スタンレーはマスクの代理として、買収資金とTwitterの債務の一部を借り換えるための465億ドル(約6兆円)の資金調達を1週間足らずで手配した。4月21日に発表された当初の計画では、債務保証が255億ドル(約3兆3150円)相当(125億ドル〔約1兆6250億円〕のテスラ株担保分を含む)、マスクによるエクイティ部分が210億ドル(約2兆7300億円)となっていた。

マスクはその後、ビリオネアのラリー・エリソン(Larry Ellison)やサウジアラビア王子といった投資家からさらに71億ドル(約9230億円)を調達することで、信用貸付を62億5000万ドル(約8100億円)に減らし、株式部分は272億5000万ドル(約3兆5400億円)まで増やした。こうすることで、彼自身のエクスポージャーを減らしたのだ。

しかしいくら世界一の富豪といえども、この融資は彼が有する純資産のかなりの部分を占めることになる。

誓約書の条件には、マスクの担保額は信用貸付額の5倍相当でなければならないと規定されている。つまり、62億5000万ドル(約8100億円)の融資を確保するには、312億5000万ドル(約4兆円)相当のテスラ株を担保に入れる必要がある。5月18日の株価709.81ドルで考えると、1億6300万株のうち4分の1強である4400万株を担保に入れる必要があるということになる。

信用貸付の金利は、3%にプラスして、3カ月のSOFR(担保付翌日物調達金利:比較的新しく不安定な基準金利で、現在0.29%前後)またはゼロのどちらか高い方を加えたものだ。

ブルームバーグは、マスクが信用貸付を完全になくせるよう、さらに多くの外部投資家を探していると報じている。しかしその場合、14%もの高金利になる。

さらにマスクは210億ドル(約2兆7300億円)のエクイティ部分の調達もしなければならない。マスクは4月下旬に約90億ドル(約1兆1700億円)相当のテスラ株を売却しているため、約半分はこれで補える計算だ。

しかし、出資者が見つからなければ、さらに融資を受ける必要がある。テスラのインサイダー取引規制により、融資を受けるには少なくとも融資額の4倍の価値がある株式を担保にしなければならない。

テスラ株が下落を続ければ資産差し押さえも?

あわせて読みたい

Popular