無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


もう野菜をムダにしない。 必要なのはオシャレな漬物グラスだった

DSC06494

Photo:中川真知子

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

野菜をたくさん食べようと意識して買っても、消費しきれずに冷蔵庫の中で腐らせてしまうことが多々ある。

大好きなセロリだって、どれくらい捨てたかわからない。これ以上のフードロスは、お財布のためにも環境のためにも避けたいところだ。

そこで、HARIO(ハリオ)の「漬物グラス・スリム」を使ってみることにした。

気軽に漬物を楽しめる

IMG_2012

Photo:中川真知子

HARIO(ハリオ)の「漬物グラス・スリム」は、冷蔵庫のドアポケットに収まるスリム形状の漬物器。

IMG_2015

Photo:中川真知子

重石と蓋がついているので、冷蔵庫の中で漬けながら、そのまま保存できる。

IMG_2019

Photo:中川真知子

筆者は、プチトマトとクレソンをピクルスにした。

ピクルスにすると食べやすくなるので、あっという間になくなってしまう。

蓋を外せば電子レンジもOK

DSC06509

Photo:中川真知子

耐熱ガラス製なので、蓋と重石を外せば電子レンジにかけられる。

DSC06515

Photo:中川真知子

切った野菜をレンジでしんなりさせてから、漬物液などを注ぐ工程がとっても楽になった。

におい移りしない

5724D432-F987-44F7-9571-618EB6028E65_1_201_a

Photo:中川真知子

これまでストックバッグで浅漬けをつけていたが、においがつくのでリユースできなかった。「漬物グラス・スリム」はガラス製なので、容器ににおい移りしにくいのもありがたい。

あまった野菜を無駄なく消費できるだけでなく、野菜の摂取量も増えた。漬けておくだけで一品増えるので、毎日助かっている。

※表示価格は執筆時のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

(文、写真・中川真知子/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み