無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


EVメーカーが直面する、バッテリー材料の深刻な「リチウム不足」…専門家「少なくとも5年続く」と発言

S&P Global Commodity Insights EV battery

EVバッテリー原料の供給不足と価格高騰は、いったいいつまで続くのだろうか。

REUTERS/ Shutterstock.com/ S&P Global Commodity Insights

世界的なカーボンニュートラルへのシフトに加え、ウクライナ侵攻、コロナ禍に伴う中国のロックダウンなど、電気自動車(EV)のサプライ(供給)チェーン問題は依然として先行きが見えない状況が続いている。

特に懸念されているのが、リチウムをはじめとするバッテリー原材料の供給不足だ。

テスラ(Tesla)CEOのイーロン・マスク(Elon Musk)は2022年4月、リチウム価格が「非常識なレベル」に達したため、テスラ自身がこのビジネスに参入するかもしれないとツイート。2022年第4四半期決算説明会では、「EV業界は新しいリチウム電池関連の起業家やスタートアップ企業を必要としている」と語った

その発言にも現れているように、EV関連スタートアップへの投資も相次いでいる。

カナダのリチウム関連スタートアップ、マングローブ・リチウム(Mangrove Lithium)は5月17日、ビル・ゲイツ率いるファンド「ブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ(Breakthrough Energy Ventures)」や「BMWアイ・ベンチャーズ(BMW i Ventures)」から資金を調達したと発表した。ブレークスルーからの調達は2回目となり、累計調達額は全体で2500万ドル(約32億円)を超えたという。

メーカーや投資家が現状の打開を急ぐ一方で、状況は当面変わらないと分析するのは、S&Pグローバル・コモディティ・インサイツ(S&P Global Commodity Insights)の未来エネルギー指針マネージャー、アン・ロバ(Anne Robba)氏だ。

現在のリチウムの供給不足は、少なくとも今後5年間は続くでしょう」(ロバ氏)

さらに、同じくバッテリー用原料であるコバルトとニッケルについても「2025年までに供給不足になる」と予測する。

ロバ氏は、2022年3月の世界のEV販売台数が前年同期比で約6割拡大していることに触れ、テスラやゼネラル・モーターズ(GM)、フォルクス・ワーゲン、日産自動車といったOEM(完成車メーカー)各社による「バッテリー製造拠点の現地化を進める投資や取り組みは興味深い」としながらも、OEMや政府の「非常に野心的な目標」の達成には手厳しい見方を示す。

「電気自動車の市場の視点から見ても長期的な視点から考えても、サプライチェーンの問題が2030年までの主要なハードルであることに変わりはない。上流サプライチェーンの制約と消費者の需要の点から見て、OEMが掲げるEVの供給目標は達成不可能です」(ロバ氏)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み