無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


社内パブやルーフテラスも。ロンドンのフィンテック企業が打ち出すオフィスの進化形

ウェイジストリーム

スタートアップのウェイジストリーム本社内に作られたパブ「ウェイジング・ブル」。

Wagestream

ロンドンは、世界で最も重要なフィンテックの中心地として、長きにわたりその地位を確立してきた。

この都市は、330億ドル(約4.2兆円、1ドル=128円換算)規模のチャレンジャーバンク(編注:特定のサービスに特化し、手数料の安さや小回りの利くサービスを提供する新しいタイプの銀行)であるレボリュート(Revolut)、いまや世界的な上場企業となった送金サービスのワイズ(Wise)、そしてオンライン決済企業のチェックアウト・ドットコム(Checkout.com)といった企業の本拠地となっている。

労働市場における競争が激化する中、ロンドンのスタートアップたちは今、自社のオフィスに改良を加えたり、柔軟な勤務環境を整えたりして、人材を引きつけ、確保しようとしている。

年30万円の航空運賃を支給

「以前の働き方に戻すのはもう無理でしょうね」と、タイガー・グローバル(Tiger Global)が支援するスタートアップであるトゥルーレイヤー(TrueLayer)の人材担当バイスプレジデント、ヴァソ・パリシノウ(Vaso Parisinou)は、Insiderにこう話した。

「会社として競争優位性を築きたいんです。基本的に対面には対面なりの強みがあり、でもそれと同じくらい柔軟性も大切だと思っています。ハイブリッドワークは従業員にも評判がいいのですが、完全にリモートで働きたいという人にはトゥルーレイヤーは向いていないでしょうね。ただ、それを知ることも私たちにとって強みになります」

オープンバンキングのスタートアップであるトゥルーレイヤーは従業員に、ロンドン、ダブリン、ミラノのオフィスをハブと考えてもらいたいと思っている。これらのハブが、デモデイ(事業計画をプレゼンする機会)のハッカソンやチームでのランチといった、対面での活動を開催する場となるのだ。また、同社はスタッフたちに他のオフィスを訪問してもらうため、航空運賃や宿泊代として年間2000ポンド(約32万円、1ポンド=160円換算)を支給している。

Truelayer

トゥルーレイヤーの人材担当バイスプレジデント、ヴァソ・パリシノウ。

TrueLayer

一方、タイガー・グローバルの支援を受け、中小企業データのAPIを提供するフィンテック企業であるコダット(Codat)は、出社不要という方針を打ち出した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular