無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


電気自動車は買ったその日からガソリン車よりお得なことが多い…全米50州での月々の支払額を算出

The Volvo XC40 Recharge.

ボルボ XC40 リチャージ。

Volvo

  • 電気自動車は、ガソリン車よりも車両価格がかなり高い。
  • しかし、ある調査に寄ると、月々のローン支払いにメンテナンス代、保険料、燃料費など加えると電気自動車の方が維持費は少なくなることが多いという。
  • F-150ライトニング・プロは、ガソリン車よりも月々のコストが低いという調査結果が出ている。

電気自動車の価格を見れば、その購入を敬遠してしまう人は少なくないが、決してそれを責めることはできない。なぜならアメリカで最も安いガソリン車は約1万5000ドル(約190万円)だが、最も安価な電気自動車でもおよそ2倍の価格なのだから。

しかし、最近の調査によれば、店頭価格を比較している消費者はまったく違ったことを考えているという。彼らは月々の支払いについて考えているはずだ。というのも、自分たちの車をローンで購入する人が圧倒的に多いからだ。

エネルギー・気候政策シンクタンクのエナジー・イノベーション・アンド・テクノロジーLLC(Energy Innovation and Technology LLC:EIT)の報告書によると、一括で支払う車両価格のことを考えるのをやめ、燃料の節約、メンテナンス費、電気自動車購入のための補助金などを考慮に入れた月々のコストに目を向けると、電気自動車を購入した方が同等のガソリン車を購入するよりもはるかに経済的に見えてくるという。

これまでの研究では、電気自動車の高い初期費用は、将来的に見れば、より安い燃料費や維持費となるため、我慢する価値があるだろうとされてきた。しかし、EITのレポートでは、アメリカのほとんどの州で、電気自動車を所有する方が同様のガソリン車を所有するよりも、すでに初日からコストは安くすむと判断している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み