無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


今はどこ?株式市場が底を打って反転するまでの「4つの段階」

株取引

Spencer Platt/Getty Images

  • 調査会社のネッド・デイビス・リサーチによると、株価は底を打って上昇に転じるまでに、いくつかのプロセスを踏むという。
  • 同社は、株価が底を打つのに必要な「4段階のプロセス」について紹介している。
  • ここ最近の株価は、投資家が極めて弱気であることから、散発的な持ち直しの後に最終的に売りに動くことを繰り返してきた。

株価は、ヘッドフェイク(相場が一旦はセオリー通りに動くと見せかけ、すぐに逆方向に動くこと)を続けており、投資家が市場に対してますます弱気になるにつれて、それまでの最安値を下回る価格をつけている。

このことは、2022年5月23日に上昇を見せたナスダック100が、翌24日には3%以上下落したことに表れている。年初来でナスダックは30%近く下落し、S&P500は約18%下落している。

株価の下落時に投資を行うために、その底値をいかにして見極めるかということは、投資家にとって悩ましい問題だが、ネッド・デイビス・リサーチ(Ned Davis Research:NDR)は、そのヒントとなる4段階のプロセスを紹介している。

「金融市場は先を見ているので、下降トレンドから上昇トレンドに転じたことを最初に知らせるシグナルは、チャートの動きやテクニカル指標である可能性が高い」とNDRは述べている。市場では通常、以下に示す4段階を経て持続的な底値を確立し、株価が上昇に転じていくという。


1. 売られすぎ

「第1段階では、売られすぎの水準まで株価が下落することだ。いくつかの客観的な指標にそれが表れてくるだろう」とNDRは述べ、S&P500が7週連続で下落しており、これは1970年と2001年の続落記録に続くものだと強調した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み