無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


食べたら運転はしないで… 中国、茅台酒を使ったアイスクリームが楽しめる店がオープン

アイスクリーム

店は5月19日にオープンした。

Photo by VCG/VCG via Getty Images

  • のどが焼けるような強烈な刺激で知られる中国の「茅台(マオタイ)酒」がアイスクリームとして楽しめるようになった。
  • 茅台アイスは、中国最大のミニブログWeibo(微博、ウェイボー)でも大きな話題になっている。
  • 貴州茅台酒の研究開発チームは、食べたら運転はしないでと話しているとCNNは伝えた。

中国の白酒最大手の貴州茅台酒が、のどが焼けるような強烈な刺激で知られる茅台酒を使ったアイスクリームを開発した。

茅台酒はそのアルコール度数(38~53%)の高さで有名だ。

「初めて茅台酒を試した時はエンジンオイルを飲んだかのように、のどがヒリヒリと焼けるようでした。今ではなめらかで楽しい酒だと思っています」とチャイナ・マーケット・リサーチ・グループの創業者ショーン・レイン(Shaun Rein)氏は2020年、BBCに語った。

中国では長きにわたり、茅台酒は富と愛国心の象徴と見なされてきた。中国の政治家や経営者たちは、茅台酒は飲むにも贈り物にするにもぴったりだと考えている。ただ、若い世代はもはや茅台酒に上の世代と同じような価値を見出してはいないと、ブルームバーグは2021年に報じている。

若い世代を引き付けるため、CNNによると貴州茅台酒は5月19日に「茅台アイス」を提供する店をオープンした。店は中国南西部の貴州省にあるマオタイ・インターナショナル・ホテルのロビーにある。

茅台酒

中国では、茅台酒は富と愛国心の象徴と見なされてきた。

Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

茅台酒のボトルが1本1499~1万6000元(約2万8000~30万円)するのに対し、茅台アイスは1スクープ39元(約730円)だとCNNは伝えている。この手頃さから、Weiboではハッシュタグ —— 「茅台アイスは1つ39元」という意味だとCNNは伝えている —— が注目され、この記事を書いている時点で1億8000万以上のビューを集めた。

四川省のあるユーザーはWeiboで、貴州茅台酒を「恥知らず」と呼んだ。「安すぎる。最低でも3桁からにすべきだ。そうでないと、誰でも買えるようになってしまう」と書いている。

湖北省のあるユーザーも「39元は茅台の名前にふさわしくない。少なくとも399元(約7500円)は取るべきだ」と書いて、そのあまりの安さに異議を唱えた。

一方で、手頃な価格を受け入れた人々もいる。湖南省のあるユーザーは「自分のように、アイスクリームが大好きで茅台酒を飲みたいけれど手が出ない人間にとっては素晴らしい」と書いた。

湖南省の別のユーザーは「茅台酒が飲めなくてもアイスは食べられる」とコメントしている。

貴州茅台酒の研究開発チームは、茅台酒入りのアイスクリームのアルコール度数は3%なので、アイスを食べて車を運転するのは賢明ではないとCNNに語った。18歳以下の未成年は茅台アイスを購入することはできない。

貴州茅台酒は2020年、株価が23%以上伸びて、中国の最も時価総額の高い上場企業になった。

[原文:China's throat-burning national liquor is now available as an ice cream, and people are being advised not to eat and drive

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み