無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界で最もワーク・ライフ・バランスの取れている都市 トップ10

オスロ

ノルウェーの首都オスロ。

Jorg Greuel/Getty Images

  • ノルウェーの首都オスロは、世界で一番ワーク・ライフ・バランスの取れている都市であることが最新の調査で分かった。
  • この調査では、休暇や有給の育児休暇の平均日数といった福利厚生など、さまざまな観点から都市を評価している。
  • 日本では東京が14位に、アメリカではシアトルが32位にランクインした。

ワーク・ライフ・バランスが世界で最も取れている都市は、ノルウェーの首都オスロだと最新の調査は結論付けた。

アメリカのソフトウエア会社Kisiが行ったこの調査では、トップ6を全てヨーロッパの都市が占め、日本やアメリカの都市はトップ10入りを逃した。日本では東京が14位に、アメリカではシアトルが32位にランクインした。

この調査では、リモートワークの求人数や有給の育児休暇の日数、安全、医療などさまざまな観点から都市を評価している。利用できる屋外空間や空気の質、インフレなども考慮されている。

世界で最もワーク・ライフ・バランスの取れている都市トップ10は:

1位 オスロ(ノルウェー)

2位 ベルン(スイス)

3位 ヘルシンキ(フィンランド)

4位 チューリッヒ(スイス)

5位 コペンハーゲン(デンマーク)

6位 ジュネーブ(スイス)

7位 オタワ(カナダ)

8位 シドニー(オーストラリア)

9位 シュトゥットガルト(ドイツ)

10位 ミュンヘン(ドイツ)

調査の結果、トップ30の約3分の1をドイツの都市が占めた。

ノルウェーの首都オスロは、国の南東部に位置する国内で人口の最も多い都市だ。海運業が盛んで、ライフサイエンスやIT、エネルギー、環境技術分野の企業も多い。

Kisiのデータによると、オスロの労働者は年間平均25日の休暇を取っていて、707日間の有休の育児休暇を取得している。リモートワーク、医療の質やアクセス、空気の質も高く評価された。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、人々の働き方を大きく変えた。在宅勤務をする人が増え、こうしたトレンドは働く人々のCOVID-19に対する不安が減っても続きそうだ

リモートワークの増加によって、この2年で移住を決断した人たちもいる。アメリカでは街の中心部で人口が減り、郊外に押し寄せた。

気候、家賃の安さ、個人所得税がないことなどを理由に、数千人がコロナ禍でフロリダ州に引っ越したメイン州やアイダホ州、ネバダ州などでも移住者が増えた。

パンデミックは人々の仕事に対する考え方や、自分自身のワーク・ライフ・バランスに対する評価も変えた。このことがより良い賃金、労働時間、労働条件を求めて仕事を辞める人々の急増につながった。

[原文:These are the top 10 cities for work-life balance, according to a study and there isn't a single US city among them

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み