無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1拠点で10店舗の料理を作るゴーストキッチン、その内部を覗いてみよう

Growth Kitchen operates two sites in London where each brand has its own facilities.

グロース・キッチンはロンドンに2つの拠点がある。それぞれのブランドが各厨房を運営している。

Grace Dean/Insider

  • ゴーストキッチンは、飲食チェーンが新たな店舗に費用をかけずに配送力を向上させることを可能にしている。
  • グロース・キッチンはロンドンで2つのゴーストキッチンを運営する企業で、飲食ブランドがその施設を借りる形態を取っている。
  • Insiderは、10つの飲食ブランドが入るゴーストキッチンの1つに潜入した。

レストランチェーンから配達された商品が、実際にどこで調理されたものなのか気になったことはないだろうか? もしかしたら、それはレストランではなく、「ゴーストキッチン」で作られたのかもしれない

A takeaway pizza.

宅配のピザ。

Aleksandr Zubkov/Getty Images

Source: Insider


飲食ブランドに調理スペースを提供し、フルサービスの店舗ほど費用をかけずにデリバリー力を向上させるロンドンのゴーストキッチン企業、グロース・キッチン(Growth Kitchen)の内部に潜入してきた

The exterior of Growth Kitchen's site in Balham, south London

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチン。

Grace Dean/Insider

Source:Insider


同社のゴーストキッチンがあるのは、ロンドンの住宅街に近い工業団地内でテイクアウトの拠点があるようには思えない場所だ。顧客に直接食事を提供しないので、ゴーストキッチンはメインストリートから離れ、家賃が安く、床面積の少ない場所でも設置できるのだ

The industrial estate that houses Growth Kitchen's Balham site.

グロース・キッチンがあるバラムの工業団地。

Grace Dean/Insider


その外観はほとんど何の特徴もない。私が到着したのはランチの注文でにぎわった直後の午後2時半で、外にバイクが数台止まっていただけだった

 The exterior of Growth Kitchen's site in Balham, London.

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンの外観。

Grace Dean/Insider


注文を受けたデリバリー・ドライバーは正面の入口から入る。入口にはここに厨房を持つ飲食ブランドのリストが掲示されている

 The exterior of Growth Kitchen's site in Balham, London

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンの外観。

Grace Dean/Insider


内部には、ドライバーが注文を待つ間に座れるスペースがあり、トイレや携帯電話の充電器、水飲み場も利用できる。グロース・キッチンは「ドライバーの福利厚生は会社にとって重要だ」とInsiderに語っている

Delivery drivers seated in Growth Kitchen's site in Balham, south London.

ロンドンのバルムにあるグロース・キッチン内で座って待つデリバリー・ドライバー。

Grace Dean/Insider


建物は、メインの通路2つを中心に構成されている

The layout of Growth Kitchen's site in Balham, south London.

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンの内部。

Grace Dean/Insider


各ブランドの商品を受け取るための窓口があり、中を覗くとそれぞれの厨房が見える

6284d0481aa29100196a2bbf

デリバリー・ドライバーが注文品を受け取るための窓口。

Grace Dean/Insider


キッチン内のレイアウトは様々だ。「厨房は各ブランドのニーズに合わせて作られている」と グロース・キッチンの創業者はInsiderに語っている

 A pickup window for delivery drivers to collect orders in Growth Kitchen's site in Balham, south London.

デリバリー・ドライバーが注文品を受け取るための窓口。

Grace Dean/Insider


他のゴーストキッチンでは、複数のブランドがキッチンやスタッフを共有しているところもあるが、グロース・キッチンでは店舗ごとに厨房を所有し、そこで働くスタッフはチェーン店が直接雇っている。共同設立者のマーテ・クン(Máté Kun)は「厨房を共有することは未来ではない」とInsiderに語った

 The layout of one of the kitchens in Growth Kitchen's site in Balham, south London

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチン内の飲食ブランドの厨房。

Grace Dean/Insider


「飲食ブランドは、自分たちの厨房とスタッフを持つことで、評判をコントロールしてリスクを減らしたい」と共同設立者のトム・ギャッツ(Tom Gatz)は話す。キッチンは各ブランドに対応して作られているため、1つの施設で複数のブランドを掛け持ちするスタッフがいると、流れが悪くなってしまうのだという

6284d050e19cda001886648b

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチン。デリバリー・ドライバーができあがった商品を受け取る窓口。

Grace Dean/Insider


「ゴーストキッチンを運営することで、スタッフは接客を気にせず、品質とスピードに集中できる」と、ギャッツとクーンは話す。同社によると、グロース・キッチンに厨房を設置すれば、従来型のレストランよりもはるかに安価で迅速なデリバリーへの対応が可能になるという

A pickup window for delivery drivers to collect orders in Growth Kitchen's site in Balham, London.

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンの窓口で出来上がった消費を受け取るデリバリー・ドライバー。

Grace Dean/Insider


私が訪れたグロース・キッチンには全部で10の飲食ブランドが入っており、1日に少なくとも800件の注文をこなしているとギャッツとクンは話す

6284d050e19cda001886648d

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチン。デリバリー・ドライバーができあがった商品を受け取る窓口。

Grace Dean/Insider


ギャッツとクンによると、食品衛生評価で5つ星を獲得していることや、リサイクル素材を使ったパッケージを含めたサステナビリティへの取り組みなど、ブランドがキッチンでスペースを確保するには満たすべき基準があるという

 A sign showing a five-star food-hygiene rating in Growth Kitchen's site in Balham, south London

食品衛生評価5つ星を示す表示。ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンで。

Grace Dean/Insider


入っている飲食ブランドはさまざまで、ギリシャ料理やタイ料理、メキシコ料理、ピザなどの幅広いジャンルになっている。グロース・キッチンによると、このことは直接競合しないことを意味しているという

Different brands being made at Growth Kitchen's site in Balham, London.?

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンではさまざまなブランドの料理が作られている。

Grace Dean/Insider


デリバルー(Deliveroo)、ウーバーイーツ(Uber Eats)、ジャストイート(Just Eat)の3社を中心に、どのデリバリーアプリからの注文も対応することができる。だが、クンによると、グロースキッチンとしては、顧客データを取得するためにレストランが独自のデリバリーチャネルを使用することを働きかけているという

The exterior of Growth Kitchen's site in Balham

ロンドン、バラムにあるグロース・キッチンの外観。

Grace Dean/Insider


キッチンスペースに加えて、グロース・キッチンのリソースやデータへのアクセスも提供される。ギャッツとクンは、「各飲食ブランドのニーズとビジネスの性質に応じて」、固定費と売上に対する手数料を支払うか、または単に手数料だけを支払うかを選択できると話している

 Growth Kitchen cofounders Tom Gatz and M?t? Kun

グロース・キッチンの共同設立者、トム・ギャッツとマーテ・クン。

Courtesy of Ted Lowney


グロース・キッチンは、私が訪問したバラムのほか、バーモンジーにもあり、そこにも10の飲食ブランドが入っている。同社は今後2年間でロンドン以外にも新しく40拠点をオープンする計画で、2022年4月にはシードラウンドの300万ポンド(約4億8000万円)の資金調達を発表した

 The layout of Growth Kitchen's site in Balham, London.

ロンドンのバラムにあるグロース・キッチンの内部。

Grace Dean/Insider

[原文:This ghost kitchen serves up dishes for 10 restaurants – take a look inside

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み