無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


iPhoneの検索履歴を消去する方法(Safari/Chrome/Firefox/Siri対応版)

ph1

紛失など、もしもの時に備えるため、不必要なデータは消しておきたい(写真はイメージです)。

撮影:今村拓馬

ビジネス、プライベートに関わらず、iPhoneの検索履歴は重要な情報が詰まっているといえる。こまめに消去して管理しておきたいユーザーは多いはずだ。

ウェブブラウザーは、ユーザーが訪問したすべてのサイトのアクセスログを保持しているが、閲覧履歴を削除するだけでは、iPhoneに保存されているすべてを削除できるわけではない。

例えば、普段Siriを使ってウェブ上で物事を検索する場合、Siriのデータも削除する必要がある。

今回の記事では、iPhone上のウェブサイト閲覧履歴をクリアする方法として、SafariやChrome、Firefoxといったウェブブラウザーに加えて、Siriの履歴を削除する方法を解説する。

iPhoneで使用しているSafariの履歴を消去する方法

Safariの検索履歴を消去するには、個別のページを削除する方法のほか、期間ごとに削除する削除する方法や、すべての検索履歴を一括で消去する方法などがある。

Safariの履歴をすべて消去する

1. iPhoneで「設定」を開き、「Safari」を選択。

設定

設定アプリからSafariの項目を選ぶ。

画像:筆者によるスクリーンショット

2. 下にスクロールして、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする。

履歴とWebサイトデータを消去

「履歴とWebサイトデータを消去」を選ぶ。

画像:筆者によるスクリーンショット

3. 「履歴とデータを消去」をタップすれば消去完了。

注意:Safariの履歴をすべて消去しても、自動入力の情報に変更はないが、iCloudアカウントにサインインしているデバイスからの同期データは消去される。


期間に基づいてSafariの履歴を消去する

1. Safariを起動し、画面下部のブックマークアイコンをタップする。

ブックマークアイコン

本の形をした「ブックマーク」アイコンをタップ。

画像:筆者によるスクリーンショット

2. 画面右上の時計を模した「履歴」アイコンをタップする。

3. 画面右下の「消去」をタップ。

消去したい期間を選ぶ

右下の「消去」をタップすると期間が選択できる。

画像:筆者によるスクリーンショット

4. クリアしたい時間範囲を、「すべて」→「今日と昨日」→「今日」→「直近1時間」から選択する。


Safariの履歴から個別のサイトを削除する

1. Safariを起動し、画面下部のブックマークアイコンをタップする。

2. 画面右上の「履歴」アイコンをタップします。

3. 一覧で表示されているアクセス履歴のうち削除したいサイトを左にスワイプ。表示された「削除」をタップする。


iPhoneでChromeの履歴を消去する方法

Safariと同様に、Chromeでもいくつかの方法で検索履歴を消去可能。

ただし、Chromeで履歴をすべて削除すると、ほかのGoogleアカウントから同期されたデータも消去されるので注意。

Chromeの履歴をすべて消去する

1. iPhoneでChromeを開き、画面右下のドットが3つ並んだ「メニュー」アイコンをタップする。

2.「履歴」を選択。

Chrome 履歴をタップ

「履歴」をタップ。

画像:筆者によるスクリーンショット

3. 画面下部の「閲覧履歴データを削除」をタップする。

4. 期間や削除したい情報を選択する。「Cookie、サイトデータ」を削除するとログイン状態が解除されてしまうので、基本的には「閲覧履歴」だけにチェックを入れればいい。

Chrome 削除対象

ウェブの表示履歴を消すだけなら「閲覧履歴」だけを選択する。

画像:筆者によるスクリーンショット

5. 画面下部の「閲覧履歴の消去」をタップし、本当に削除しても大丈夫なら、ポップアップ表示される「閲覧履歴データの削除」を押す。


Chromeの履歴から個々のサイトを削除する

1. iPhoneでChromeを起動し、画面右下のメニューアイコンをタップする。

2. 「履歴」をタップ。

3. 画面右下の「編集」を選択する。

4. 削除したいサイトを選択し、「削除」をタップする。

Chrome 個別削除

選択し終わったら「削除」ボタンを押す。

画像:筆者によるスクリーンショット


iPhoneでFirefoxの履歴を消去する方法

Firefoxで行った検索は、ログとして記録されている。また、SafariやChromeと同様に、閲覧履歴を消去する方法をいろいろ選択可能だ。

Firefoxの履歴をすべて消去する

1. iPhoneでFirefoxを開き、画面右下にある3本線のメニューアイコンをタップする。

2. 「履歴」を選択。

Firefox 履歴

3本線のメニューから、「履歴」をタップする。

画像:筆者によるスクリーンショット

3. 「最近の履歴を消去」を選択し、「すべて」をタップすれば全履歴が削除される。


Firefoxの履歴から個々のサイトを削除する

1. iPhoneでFirefoxを起動し、画面右下のメニューアイコンをタップ。

2. 「履歴」をタップする。

3. 履歴の中に、最近訪問したサイトのリストが一覧で表示されるので、削除したいWebサイトを左にスワイプし、「削除」をタップする。また、そのまま左にスワイプし続けると削除となる。

Firefox スワイプ

左に削除したい項目をスワイプすると、削除できる。

画像:筆者によるスクリーンショット


iPhoneでSiriの履歴を消去する方法

Siriとの対話は履歴として保存されている。プライバシーが気になる場合は、Siriの検索履歴を削除しておこう。

1. iPhoneで「設定」を開き、「Siriと検索」を選択する。

2. 「Siriと音声入力の履歴」を選択。

3. 「Siriと音声入力の履歴を削除」をタップする。


個人で閲覧する方法

閲覧履歴を削除する手間を省きたい場合は、履歴を残さず閲覧できるモードでの使用がオススメ。

ブラウザーそれぞれの機能の名前は以下の通り。

  • Safari「プライベートブラウズ」
  • Chrome「シークレット タブ」
  • Firefox「プライベートブラウジング」

(文・中山智、編集・小林優多郎

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み