無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


創業7年で420億円調達。いま「宅配ロッカーが熱い理由」…北欧発ユニコーン“Instabox”に聞く

インスタボックス

創業からわずか7年で420億円を調達したスウェーデン発スタートアップの「すごさ」を聞いた。

画像:Shutterstock / Alexanderstock23

専用のスマートロッカーへの配送サービスを提供するスウェーデンのスタートアップ「Instabox(インスタボックス、2015年創業)」が大きな注目を集めている。2022年4月に1億9000万ドル(約240億円)を調達、評価額は10億ドル(約1270億円)に達し、ユニコーン企業となった

同社は2015年に創業し、今までに累計で約3億3000万ドル(約420億円)を調達。すでにヨーロッパ5カ国でサービスを提供しており、H&Mをはじめとする大手企業との提携なども実現した。

同社のグローバル広報担当(Global head of PR & Communications)のヴィクター・メランダー(Victor Melander)氏に、「欧州でスマート宅配ロッカーが求められる理由」を聞いた。

H&Mなど数十の小売業者と提携

インスタボックス

スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、オランダの5カ国に約5000のスマートロッカーを設置している。

提供:Instabox

Instaboxが提供するスマートロッカーは、長さ最大10.1メートルで、345個の小包を同時に収納できる。消費者へ便利な小包の受け取り方法を提供することをコンセプトとしており、スーパーやキオスク(日本でいうコンビニ)、スポーツジムなど、日常生活でよく訪れるような場所に設置されているという。

その他、プライベートのスマートロッカーとして、企業のビル内や一般住宅に設置されているケースもある。

現状、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、オランダの5カ国に約5000のスマートロッカーが設置されている。スウェーデンに至っては、国民の半分以上が同社のスマートロッカーを利用できるまでにサービス提供エリアが広がっている。

コロナ禍により、非接触でモノの受け渡しができる宅配ロッカーの市場は広がっている。

市場調査のグローバルインフォメーションが発表したデータによると、世界のスマート宅配ロッカーの市場は2021年の6億7760万ドル(約861億2000万円)から年平均成長率(CAGR)13.5%で成長し、2028年には16億4410万ドル(約2089億7000万円)に達すると予測されている。

こうした時代の後押しもあって、同社はH&Mをはじめとした数十の小売業者と提携する。

送料は主に小売業者が負担し、消費者は基本的にInstaboxのサービスを無料で利用できるが、小売業者によって手数料を徴収する場合や、国境を越えた配送における輸入関税がかかる場合があるそうだ。

インスタボックス

ユーザーはInstaboxから送られてきた8桁のコードを利用して、小包を受け取る。

提供:Instabox

Instaboxの使い方はこうだ。

まず消費者は、各小売業者のオンラインショッピングをする際に、配送方法で「Instabox」を選ぶことでスマートロッカーが利用できる。

その後、小売業者が梱包した商品をInstaboxが受け取り、複数ある自社倉庫へと集めた後、各スマートロッカーへ配送する流れだ。利用者は、いつ、どのスマートロッカーで受け取るかを指定する。小包が発送されるとInstaboxから追跡リンクが送られる。受け取り可能になると8桁のコードが送られ、利用者はこのコードを利用して小包を受け取る。

小包は3日間(休日は半日としてカウント)取り置きされ、引き取られなかった場合は倉庫に戻る。利用者は、10日以内にいずれかのスマートロッカーへの再配達を指定しなければならないが、再配達は無料だ。

小売業者によっては、返品の際に手数料が徴収されることがある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み