無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「永遠の」化学物質汚染で廃業に追い詰められる有機農家。自然の力で環境を回復させられるか

We革命

moiseXVII/Getty Images

最近、メイン州の広範囲に渡って、農場の土壌からPFAS(ピーファス)の汚染が発見されて、オーガニック・ファームが次々と休業・廃業に追い込まれているという。

PFASは、ペルフルオロオクタン酸(pfoa)とペルフルオロオクタンスルホン酸(pfos)を代表格とする有機フッ素化合物の総称だ。デュポンや3Dといった化学メーカーによって1950年代に開発され、熱や水に強く、柔軟で汎用性が高い性質が重宝されて、耐火材や防水材、食品の包装材や調理器具などに幅広く使われてきた。

PFASの存在が広く知られたのは、1998年にウエストバージニア州の農家が、近隣のデュポン工場から排出された汚染水によって生じた家畜への害を訴えた集団訴訟がきっかけだ。2005年以降、科学者たちによって調査や研究が行われるようになった。

現在、OECDに指定される種だけで4000種以上にのぼるが、次々と新たな化学物質が開発・実用化されるため、現存するPFASの数を把握するのは難しい。どれだけ時間が経とうと分解することがないため「フォーエバー・ケミカル(永遠の化学物質)」とも呼ばれている。

PFASの健康被害を調査するために組織された疫病学者3人からなる「C8パネル」によると、PFASは甲状腺疾患、睾丸がん、腎臓がん、高血圧などとの関連が報告されている。コロナウイルスが登場してからも、体内のPFASレベルが高いと、ウイルス感染による症状が比較的重い、ワクチンが効きにくいなどの症例も報告されている。

実態がつかみきれない汚染の広がり

牛

メイン州では牛乳からPFASが検出されたことを機に土壌汚染の被害が認識されるようになった(写真はイメージです)。

Shutterstock/Roman Melnyk

これまで大規模な有機農業へのシフトが実現した成功例として知られてきたメイン州では、2016年に州内で生産された牛乳にPFASが初めて発見された。これをきっかけに州環境保護局が調査をしたところ、水路や土壌の汚染が検知された。さらに自主的に敷地の土壌や水路を検査して危険な水準の汚染を発見した農家たちが警鐘を鳴らし、州議会で取り上げられてやっとニュースになった。現在、州議会では、PFASによって営みを奪われた農家への支援や、PFAS対策の研究についての予算案が検討されている。

私は、有機農家が永遠に分解しない化学物質に水路から土壌を汚染され、農業を続けられなくなっている、というニュースに大きなショックを受けた。有機栽培される農作物ですらもはや安心できないという事態もさることながら、実際にどれだけ汚染が広がっているのかその全貌は明らかになっていない。

アメリカでは2021年にEPA(環境保護庁)によって連邦レベルの規制が始まったが、対象になっているのは数千以上あるうちのわずか160種である。そして今も、PFASに属する化学物質が使われる商品が、日々、私たちが暮らす社会に吐き出されているのだ。

「永遠」という言葉の重みに怯みながら調べてみると、2022年2月にEPAが研究論文を発表していた。熱水でPFASを酸化させる技術を使って分解することが可能だという内容の論文である。

永遠に分解させることができないと思われてきた成分も、新しい技術が登場して分解が可能になれば汚染を浄化させることができるかもしれない。そうであったとしても、汚染が広がる速度と、新技術の実用化の時間のレースであることは間違いない。今も排出される有害物質を規制・除去し、土壌汚染というダメージを修復した上で、環境を再生させるところまでを実行することはできるのだろうか?

自然の力を借り環境を回復させる

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み