無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バーガーキング「100%植物性」大豆ミートパティを生んだ、オーストラリア発「v2food」。日本で拡大の兆し

v2food Australia BURGERKING

オーストラリアの飲食・フードサービス系でシェア1位のv2food(v2フード)。日本でも徐々に販路を広げている。

撮影:湯田陽子、画像:バーガーキング公式サイト

100%植物性の大豆ミートパティを使ったバーガーキングの「プラントベースワッパー」。そのパティを開発・製造しているオーストラリアのベンチャー「v2food(v2フード)」の植物肉が、日本市場で広がりを見せている。

日本のバーガーキングにプラントベースワッパーが登場したのは2020年12月。当時は期間限定だったが、その後間もなく定番メニューに加わった。

v2food Australia BURGERKING

v2foodの100%植物性パティを使用したバーガーキングの「プラントベースワッパー」。2020年当初は590円(単品)だったが、現在は540円(同)で販売。

出所:バーガーキング公式サイト

また、食品メーカー大手・カゴメと「卵を使わないオムライス」を開発したTWOも、v2フードのパティを採用。2022年4月から、植物性食品(プラントベースフード)専門カフェ「2foods」で「濃厚てりやきアボカドバーガー(弾力パティ)」「スパイシージャンクバーガー(同)」の提供を開始している。

「コロナ禍で飲食店さんはどこも厳しい状況だったので苦戦していましたが、ここへ来て引き合いが増えています」

こう話すのは、v2フードの日本代理店を務めるオザックスのライフサイクルソリューション本部副本部長の田中文明氏だ。

「詳しくはまだ言えませんが、ステーキハウスや全国チェーンの居酒屋など、今年中に、v2フードの“肉”を使ったメニューを提供するお店がいくつか登場すると思います」(田中氏)

飲食店だけではなく、自宅で食べられるミールキットを提供している企業や大手食品メーカーからの引き合いもあるという。

v2food Australia

5月31日に開かれたオーストラリア大使館商務部主催の「オーストラリアの食品産業とSDGs 取材会」には、v2フードの「v2ミンチ」を使ったお弁当が登場。麻婆茄子(前列右)、ハンバーグ(前列中央)、焼き餃子(後列右)、串カツ(後列中央)など、ひき肉の代替としてさまざまな料理に使えるようだ。

撮影:湯田陽子

v2food Australia

取材会で試食した、v2ミンチのビーフ味(手前)とポーク味(奥)を使った水餃子。豚肉の餃子に慣れているせいか、筆者にはポーク味のほうがしっくりきた。オザックスの田中氏自身の経験によると、ビーフ味は「コロッケに使うと抜群。ラザニア、グラタンもおすすめ」だという。

撮影:湯田陽子

v2food Australia

v2フードの植物性パティ「v2バーガー」。バーガーキングのプラントベースワッパーは、このパティをベースに、直火焼きなどのオペレーションに適した工夫が施されているという。

撮影:湯田陽子

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み