無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


EUのロシア産石油禁輸の実効性は?…ロシア高官「他の買い手を探すだけ」

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領。2022年5月16日、モスクワのクレムリンで開催された集団安全保障条約機構(CSTO)首脳会議で。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領。2022年5月16日、モスクワのクレムリンで開催された集団安全保障条約機構(CSTO)首脳会議で。

Getty Images

  • EUがロシア産原油の輸入禁止で合意したことを受けて、ロシアは「他の売却先を探す」と述べた。
  • 欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は5月30日にこの措置を発表した。
  • ウクライナは、EU諸国がロシアの天然ガスや石油を購入しないように働きかけている。

欧州連合(EU)首脳がロシア産石油の輸入禁止で合意したことを受け、ロシアは2022年5月31日、「他の買い手を探す」と述べた。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン(Ursula von der Leyen)委員長は5月30日、EUは2022年末までにロシアからの石油輸入の約90%を削減すると発表した。これは、ウクライナで進行中の戦争に対する制裁の最新のものだ。

ロシアのウィーン国際機関代表部常駐代表のミハイル・ウリヤノフ(Mikhail Ulyanov)はこれに応えて「彼女が昨日言ったように、ロシアは他の買い手を見つけるだろう」、EUは「良い状態ではない」と、嘲笑を含んだツイートを投稿した

世界トップの原油生産国であるロシアは、石油と天然ガスからの収入に大きく依存している。ヨーロッパはエネルギー需要をこれらに依存しており、ここ数カ月、EU圏はロシアの石油に大金を払っている

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular