無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米コネチカット州、中間選挙のフェイクニュース対策に専門家を雇用へ…給与は州平均の2倍の15万ドル

大統領選挙

2020年の大統領選挙では、ネットに誤情報や陰謀論がはびこった。

Caroline Brehman/CQ-Roll Call, Inc via Getty Images

  • ニューヨーク・タイムズによると、コネチカット州は2022年の中間選挙に向けてフェイクニュース対策の専門家を雇用する。
  • 報酬は15万ドルで、中間選挙に関するネットでの誤情報の監視や対策の役割を担う。
  • 同州は、投票を呼び掛ける広報キャンペーンにも200万ドルを投じる。

コネチカット州は、2022年の中間選挙に向けて「悪意ある外国人の活動家」と戦うフルタイムの誤情報専門家を初めて雇用する。

このニュースはニューヨーク・タイムズが報じた

コネチカット州務長官室は、ネッド・ラモント(Ned Lamont)州知事が予算の一部を、有権者が正しい情報を受け取れるように、ITセキュリティの専門家に投じることを推奨した

Insiderでは2021年2月に、選挙の誤情報との戦いは国家レベルから地域レベルに移り、SNSでの陰謀説との戦いはごく小さな範囲で継続する可能性があると紹介した。

コネチカット州の予算に関する発表には、次のように記述されている。

「近年の大統領選挙では、悪意ある外国人が選挙活動を著しく妨害し、選挙結果の公平性や正確性に関する信頼を損ねた」

今回募る人材の役割は「選挙の誤情報を監視して対策を行う、フルタイムのセキュリティ専門家」とされている。給与は年15万ドル(約1950万円)で、PayScaleによると同州の平均給与7万4000ドルの2倍強となる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み