無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


在宅勤務に最適、ノートPCの画面を閉じてもスリープにしない方法【Mac/Windows対応】

MacBook

場合によって、ノートPCを閉じてもスリープにしたくない時がある。そんな時の設定方法を解説する。

撮影:房野麻子

ほとんどのノートPCは、画面を閉じると自動でスリープ状態になる。多くのユーザーがそう期待しており、WindowsもMacも基本的にそうなるように設計されている。

しかし、ノートPCを外部モニターに接続する場合など、スリープしないでほしいときもある。

WindowsのノートPCもMacBookも、閉じた状態でスリープしないように設定することができる。

WindowsのノートPCを閉じたまま起動しておく方法

1. 「コントロールパネル」を開く。

表示方法がわからない場合は、スタートメニューの検索ボックスに「コントロール」と入力し、検索結果に表示された「コントロールパネル」をクリックする。

2. 「電源オプション」をクリックする。

電源オプション

「電源オプション」という緑色の文字はクリックできる。

画像:編集部によるスクリーンショット

コントロールパネルの右上にある検索ボックスに「電源」と入力し、表示された「電源オプション」の文字をクリックする。

3. 左側のナビゲーションペインで、「カバーを閉めたときの動作」をクリックする。

4. 「カバーを閉じたときの動作」を設定する。

Windows 電源 設定

コントロールパネルの「電源オプション」でカバーを閉めたときの動作を設定する。

画像:編集部によるスクリーンショット

「バッテリ駆動」と「電源に接続」の2つの場合があるので、どちらか、または両方を「何もしない」に設定する。

ヒント:外部モニターに接続する際はノートPCを電源に接続することが多いので、基本的に「バッテリ駆動」は「スリープ状態」に、「電源に接続」は「何もしない」に設定することをオススメする。

MacBookを閉じたまま起動しておく方法

1. 画面左上のアップルマークをクリックし、「システム環境設定...」を選択する。

2.「バッテリー」をクリックする。

3.「電源アダプタ」をクリックし、「ディスプレイをオフにする」の下にあるスライダーを右にドラッグして「しない」にする。

Apple 設定

MacBookを閉じてもスリープ状態にならないように設定する。

画像:筆者によるスクリーンショット

4.「ディスプレイがオフのときにMacを自動でスリープさせない」のチェックボックスにチェックを入れる。

5. MacBookが電源に接続されていることを確認し、外部モニターに接続する。

(文・房野麻子、編集・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み