無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「株価の底打ちは間近に迫っている」米アライアンス・バーンスタイン最新予測。好転を示唆する「3つの契機」

AllianceBernstein

米資産運用大手アライアンス・バーンスタイン(AllianceBernstein)富裕層向け部門の投資戦略責任者は、年内の株式市場好転を予測する。

AllianceBernstein

いま弱気になるのは簡単なことだ。

金利上昇、景気後退入りの懸念、さらにはロシアのウクライナ侵攻が引き金となってほぼすべての資産クラスで相場が下落し、2年間続いた強気相場は2022年に入って突如終わりを迎えた。

しかし、米資産運用大手アライアンス・バーンスタインの富裕層向け部門、プライベート・ウェルス・マネジメントのアレクサンダー・チャロフは、これ以上の大幅株価下落は起きないと強調する。

「いまはリプライシング(価格調整)の真っ最中ですから、楽観的に割り切って買いに打って出るというわけにはいきません。とは言え、収益性の高い銘柄が少なからず魅力的な価格で取引されているのは確かです」

運用残高7350億ドルを誇るアライアンス・バーンスタインの富裕層向け部門(運用残高1200億ドル)でシニアバイスプレジデント兼投資戦略(共同)責任者を務めるチャロフは、クライアントのプロファイルを「富裕であり続けたい」人々と表現する。

「多額の純資産を持つ富裕層の投資家がいま知りたがっているのは、他の投資家とまったく同じこと。つまり、足もとの弱気相場はいつ終わるのか、どこまで悪くなるのかということです」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular