無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Buy

アイロンいらずの時短生活を。手軽にシワ伸ばしできる「ハンディーイオンスチーマー」

画像

Photo: 田中宏和

こちらの記事は、ルーミーから一部編集の上、転載しています。

ビジカジが浸透してきたこともあり、ノーアイロンシャツを愛用している人も増えてきた印象だ。

しかし残念ながら、ノーアイロンシャツと言えども、完全にシワが付かないというわけではない。

画像

Photo: 田中宏和

手軽に使える衣類スチーマーは、そんな気になるシワができたノーアイロンシャツはもちろん、一般的なシャツやスーツにも使えるシワ伸ばしアイテム。

特性上、アイロンをかけるほどパリッとはならないが、ラフな着こなしなら問題ないレベルに仕上がる。

今回、コスパの高さに惹かれて、TWINBIRD(ツインバード)「ハンディーイオンスチーマー SA-4085W」を入手してみた。

ちゃんと使えるものかどうかテストしてみたので、良かったらぜひチェックしてみてほしい。

ハンガーに吊るしたままでOK

画像

Image: 田中宏和

アイロン台を使わず、ハンガーに吊ったままの状態で使える「ハンディーイオンスチーマー SA-4085W」は、手軽さが最大のメリットだ。

噴き出す蒸気で生地に熱と湿気を与え、柔らかくなった生地をコテ部分で伸ばしていくというイメージ。

シャツを干す時に、あらかじめ襟や袖の形を軽く整えておけば、作業時間をグッと短縮することも可能だ。

画像

Image: 田中宏和

上の画像でビフォーアフターを撮影するために使ったのは、ノーアイロンタイプではなく一般的な綿100%のシャツ。

かなりシワが付いていたものが、違和感のないレベルになっているのがお分かりだろう。

画像

Photo: 田中宏和

コテ部分はドーナツ状にフラットな形をしている。

取りにくいシワが気になる場合は、反対側にアイロン台代わりのクッションなどを押し当て、アイロン的に使うこともできる。

ただし、やけどの可能性があるので、くれぐれもムリな使い方は避けてほしい。

干すときに、できるだけシルエットを崩さないようにさえ気をつけておけば、ほぼ普通の使い方で大丈夫なはずだ。

高価なものと比べれば、蒸気の噴出量などに物足りなさを感じるものの、1日に1~2着分だけ作業できればOKというレベルなら、ほぼ問題になることはないだろう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

(文、写真・田中宏和/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み