無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


資産運用大手ブラックロックがニュースのプロ集団を起用。SNS上の陰謀論に対抗し、新たな投資家にアプローチ

ブラックロック

rblfmr / Shutterstock.com

Twitter上のブラックロック(BlackRock)のフィードは他の投資会社のものと変わらず、投資に関する会話形式の投稿や告知を52万人のフォロワーに共有している。しかし、最近のあるツイートは普段よりも大きな反響を呼んだ。

「当社は一戸建てを買い漁る機関投資家ではありません」と同社は2022年5月10日にTwitterへ投稿した。2021年、ブラックロックを「隣人の家を買う悪徳機関投資家」と位置づけた報道とツイートが大拡散され、右派の論客の間で大炎上した。今回の投稿は、これらの報道とツイートへの反論である。

「現在、多くの大手資産運用会社やプライベート・エクイティ・ファームが一戸建て住宅の購入に非常に積極的です。ブラックロックは時々そのような企業と混同されることがあります」と投稿し、ブラックロックが多世帯住宅や集合住宅に投資していることを説明した。

ブラックロックは、競合他社の名前を出さずに、自分たちは不動産投資とプライベート・エクイティの大手であるブラックストーン(Blackstone)ではないということをうまく人々に伝えた。

しかし、両社の間には長い歴史がある。 ブラックロックのCEOであるラリー・フィンク(Larry Fink)は、1980年代にブラックストーンCEOのスティーブ・シュワルツマン(Steve Schwarzman)の支援を受け、ブラックロックという社名にたどり着いている。つまり、フィンクは創業初期の資本をブラックストーンから得ているのだ。

1年前なら、ブラックロックはこのような情報拡散に対して、「ソーシャルメディア上で反応することなど考えもしなかっただろう」と、Insiderの取材に応じた資産運用会社のコンテンツ・メディア担当グローバルヘッド、リッチ・ラトゥール(Rich Latour)は語った。

「しかし今は、記録を訂正する必要があるほど深刻で、不正確なストーリーが投稿されていたら組織的に対応するようにしています。少なくともSNS上では」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular