無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


やよい軒で「まるで豚肉」の大豆ミート定食を発売。「豆腐バー」のアサヒコとタッグ

yayoiken asahiko daizu meat

やよい軒初の大豆ミート定食は、野菜と相性のいい定番メニュー3種の「大豆ミート」版。既存の「豚肉」版と同じ価格で提供する。

撮影:湯田陽子、提供:プレナス

定食レストラン「やよい軒」を展開するプレナスは6月7日、やよい軒初の100%植物性原料「大豆ミート」を使った定食3種を発売すると発表した。6月14日から全国366店舗(5月末現在)で提供を開始する。

新メニューは、「大豆ミートの野菜炒め定食」(730円・税込)、「大豆ミートのしょうが焼定食」(640円・税込)、「大豆ミートのなす味噌と焼魚の定食」(930円・税込)。

定番メニューの肉野菜炒め、しょうが焼、なす味噌と焼魚の各定食で使用している豚肉を大豆ミートに置き換え、同じ価格で販売する。また、持ち帰り用の「[テイクアウト]大豆ミートの野菜炒め」(730円・税込)も同日から販売をスタートする。

大豆ミートを提供するのは、セブンイレブンで販売開始後、約1年で販売数1000万本を突破したヒット商品「豆腐バー」を開発したアサヒコだ。

大豆ミート定食発売のきっかけは、アサヒコがスーパーなどで販売しているTOFFU PROTEIN シリーズ「大豆のお肉 焼肉」との出合いだった。プレナス商品開発部の外食食品開発課課長、大谷信晃氏はこう語る。

「初めて食べた時、しっかりとした厚みと食べ応えがあって、大豆特有の匂いも抑えられており、本当の肉のように再現されていると感じました。

これなら、やよい軒のお客さまにも満足いただける定食がつくれるのではないか。また、健康的な食事をしつつ満足感を得たいという既存のお客さまはもちろん、新規のお客さまに対しても(やよい軒の)ご利用のきっかけをつくりたいと思い、採用しました」(大谷氏)

発売に先立ち、プレナスが行ったテストマーケティングでは、女性、特に50〜60代を中心に、「大豆ミートと言われなければ分からないくらいの完成度の高さ」「本物の肉でなくても十分満足」「味付けもとても良かった」「肉が苦手なのでありがたい」など、評判は上々だった。

また、「野菜との相性が高評価につながる」ことも分かり、野菜を使った3種類の定番メニューで展開することにしたという。

yayoiken asahiko daizu meat

やよい軒の新メニューの一つ「大豆ミートの野菜炒め定食」。手前中央の「肉」が大豆ミート。大豆からできているとは思えないほどの再現力だった。試食した感想としては、味も食べごたえも「まるで豚肉」。その一方で、胃もたれしない軽さもあった。

撮影:湯田陽子

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み