無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「食のロボット展」には未来があった。人とロボットの協働はここまできている:FOOMA JAPAN 2022

食の現場を助ける自動化ロボットたち

撮影:太田百合子

食品機械の総合展「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」が、東京ビッグサイトで開催中だ。期間は6月7日〜6月10日まで。

2020年は開催中止、2021年は愛知に会場を移しての開催となったため、東京ビッグサイトでの開催は3年ぶり。出展社数は過去最多となる874社にのぼる。

中でも筆者が注目したのは、人との「協働」を前提に、安全性はもちろん、省スペース性にも配慮したロボットだ。

「FOOMA JAPAN 2022」は、人手不足が進むなかで、食品工場の省人化と自動化がどのように進んでいくのか、その最前線がのぞけるイベントになっている。

AI、ロボティクス分野で特に気になった7つの展示をまとめた。

弁当の盛り付けで人と“協働”するロボット「Foodly」

弁当の盛り付けで人と協働するロボット「foody」

撮影:太田百合子

ロボットメーカーのアールティは、人型の協働ロボット「Foodly」を出展している。弁当の製造ラインで、人とロボットが並んで作業する様子を、デモンストレーションで紹介していた。

「Foodly」はキャスター付きで、工場内の所定位置に自由に配置できる。人材不足の現場に作業の一員として加えられる、省スペース性が特徴だ。

1台に複数の食材や容器に合わせたパターンを登録できるため、食材に合わせてつかみやすいハンドに付け替え、設定を変えるだけで多品種少量生産に対応できるという。

カメラからの映像をAIで解析しながら動きを制御するため、唐揚げなどバラ積みされた食材も盛り付けることができる。

ブースではすでに食品会社の惣菜加工工程や、弁当の製造ラインへの導入実績もあるソリューションだと説明していた。

クレープやポップコーン、愛知工業大学は学生のアイデア生かす

クレープを自動でつくる様子

撮影:太田百合子

デンソーウェーブのブースで、人協働ロボットアーム「COBOTTA」を使った愛知工業大学とのプロジェクトが展示され、注目を集めていた。

展示は、学生から「COBOTTA」を用いたシステムのアイデアを募り、それを具現化したものだ。過去の「FOOMA JAPAN」でも、ポップコーンの盛り付けや餃子の餡詰めなど、アイデア満載のシステムが展示されてきた。

今回展示されたのは、2台の「COBOTTA」を使って、クレープの生地を焼くところからトッピングや盛り付けまでを全自動で行うシステムだ。

注文はタブレットから行う。カメラやセンサーを使用していないため、こうした作業では微調整がむしろしやすいという。クレープを巻くための折りたたみの台など、学生独自の工夫がユニークだ。愛知工業大学ロボット研究ミュージアム 客員講師の西山禎泰氏によれば、「作業をロボットに任せることで、人はマネージメントなど他の取り組みができる。人とロボットとの協働を目指したプロジェクト」という。

惣菜盛り付けロボ「Delibot」…1日1000食で稼働中

惣菜盛り付けロボ「Delibot」

撮影:太田百合子

新設されたスタートアップゾーンに出展する、コネクテッドロボティクスがデモンストレーションしていたのは、「Delibot」と名付けられた惣菜盛り付けロボット。「惣菜」はフードテック、省エネとともに、今年からFOOMAに加えられたカテゴリーだ。ポテトサラダ、きんぴら、胡麻和えなど「不定形の惣菜」を、重量センサーを備えたアームで一定量ずつ、素早くトレーに盛り付けることができる。

ポテトサラダのようなやや粘度の高い食材も、先端のハンドの形状やカバー、アームを振るように上下に動かすといった制御の工夫で、盛り付けられるようにした。すでに惣菜工場の製造ラインに4台の導入実績があり、1日1000食のポテトサラダを盛り付けているという。

粉をスコップで正確に秤取る「Powder Weighing」

粉をスコップで正確に秤取る「Powder Weighing」

撮影:太田百合子

技術商社たけびしのブースに出展するエクサウィザーズは、AIを用いて粉を正確に量り取るロボット「Powder Weighing」を展示した。

砂糖、塩、きなこなど、ものによって粒の細かさや凝縮性が異なる「粉」を、自社開発のAIプラットフォーム「exaBase」で解析。ロボットアームに取り付けたスコップで指定した量をすくうことができる。

カメラの映像とAIによる画像認識技術を組み合わせることで、粉の盛り上がりなどを立体的に認識し、スコップを差し込む角度や深さを細かく制御している。汎用のロボットアームを活用できることがポイントだと、担当者は説明していた。おそらくは導入コストを抑えられ、同時に省スペースで複数の粉に対応できるのもメリットだ。

これまで人が経験をもとにやっていた粉を量り取る作業を、1分で1kgほどのペースなら5%の誤差で自動化できるという。

画像認識で「超効率的な芯のくりぬき」を自動化するロボ「CUTR」

画像認識で「超効率的な芯のくりぬき」を自動化するロボ「CUTR」

撮影:太田百合子

野菜などのカットを自動化する「CUTR」は、熟練の作業員でも7秒程度かかる「レタスの芯をくりぬく」という作業を、アームに取り付けたカッターを使って約5秒で実現するロボット。

作ったのは、一般消費者向けでは「めざましカーテン mornin'」のメーカーとしても知られるロビットだ。

レタスの芯

くり抜かれたレタスの芯。単純作業に思えるが、廃棄される部分が非常に小さいことがわかる。

撮影:太田百合子

「CUTR」は、不定形物のカット加工を自動化するソリューションで、カメラの映像からAIが芯の位置や角度を予測し、アームとカッターを制御する仕組み。レタスなどさまざまな種類の芯のある葉野菜に対応するだけでなく、トマトなど他の食材にも応用できるという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み