無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「iPadOS 16」が打倒Windowsの鍵になる。新機能が示すアップルの深い意図

iPadOS スライド

アップル本社で開催された「WWDC22」でiPadOS 16が発表された。

撮影:石川温

アップルは6月6日(現地時間)、アメリカ・クパチーノにある本社内で、開発者向けイベント「WWDC22」を3年ぶりにリアルで開催した。

iPhoneやMacなどのOSに関する新機能が発表される中、アップルが注力していると思われるのがiPad向けOSである「iPadOS」だ。

操作性を大幅に進化させ、Macにより近づいた印象があった。

もったいなかった「M1搭載iPad」に光明が差す

iPads

左から12.9インチiPad ProとiPad Air。どちらも「Apple M1」チップを搭載している。

撮影:小林優多郎

そもそもiPad向けOSは、初期段階ではiPhoneと同じiOSだった。しかし、大画面での操作性を向上させるためにiPadOSとして独立。

さらに、Macと同じチップである「M1」を搭載することで、より高負荷のかかる処理もなくなくこなせるようになった。

しかし、もともとがiPhone向けの操作性を引きずっていることもあり、アプリが画面に大きく映し出されるため、アプリ間のファイルのコピーなどがやりづからかった。

もちろん、画面を分割して、複数のアプリを表示させることもできる。が、iOS由来のよさであった「直感的に使える操作性」からは、かけ離れている感もあったのだ。

また、最新のiPad ProやiPad Airにおいては、MacBook AirやMacBook Proなどに採用されている「M1チップ」が搭載されている。

MacBook Proで楽に動画編集などができるパワフルなM1チップが、つい最近までiOSをベースにしていたiPadOSで動くとなると、やや性能を「持て余している感」があった。

チップ自体は爆速なのに、OSやアプリがそこまでのスペックを求めていない感じがなんとも「もったいない」という気がしてならなかった。

iPadがアップルのイチオシのコンピューターに

ステージマネージャ iPadのみ

macOSにも搭載される「ステージマネージャ」はiPadOSでも展開される。

撮影:石川温

そんななか、2022年秋に正式リリースされるiPadOS 16では「ステージマネージャ」という機能ができた。

開いているアプリやウィンドウが画面左側にまとめて表示され、簡単にわかりやすくアプリの切り替えができるものだ。

さらに、iPadOS 16では、アプリの表示サイズを自在に変更できるなど「パソコンに近い」操作性にもなった。このステージマネージャはMacでも採用されるため、操作性においてiPadOSとmacOSがかなり近づいてきている

M1チップを内蔵するiPad ProとiPad Airでは、外部ディスプレイを接続するとiPad上に最大4つ、外部ディスプレイ上に4つのアプリを表示しながら作業できる。

もはや、パソコンで仕事をしているのと変わらない操作性を実現している……というのが、これから登場するiPadOS 16の実態といえる。

ステージマネージャ

ステージマネージャのデモでは、外部ディスプレイに拡張表示できる様子が映された。

撮影:石川温

また、これまでのiPadでは苦痛であったファイルのコピーや移動などは「デスクトップ級のファイル管理」が可能となることで改善される模様だ。

iPadが「打倒Windows」の鍵に

Craig Federighi

iPadOS 16のデモをするソフトエンジニアリング担当のバイスプレジデントであるクレイグ・フェデリギ(Craig Federighi)氏。

撮影:石川温

やはり、アップルがどんなに自社開発チップ「M1」や、今回発表となった「M2」をMacBook AirやMacBook Proに載せたとしても、Windowsを載せたパソコン群に販売台数で勝てっこない。Windowsで動く豊富なソフト群にはいまから太刀打ちは不可能といえる。

しかし、iPadであれば、アプリはiPhone向けから比較的、簡単にカスタマイズしてつくることができる。

アップルにはiPhone向けアプリをつくる開発者が世界中にいる。彼らにチカラを借り、iPad向けアプリが増えれば増えるほど、iPadの魅力は高まる。

また、学校など教育現場でiPadは一定の支持を得ている(注:文部科学省の公表データによると、2021年7月末時点の確定値でシェア3位の29.1%)。幼少期からiPadに親しむ子どもが増えていけば、年を重ねて大きくなってもiPadを使い続ける可能性は高い。

gigaschool_share

2021年7月末時点の、GIGAスクールにおけるiOSデバイスのシェア。実質的にはiPadだと推定される。

出典:文部科学省「端末利活用状況等の実態調査 (令和3年7月末時点) (確定値)」より

一昔前、iPadは単にコンテンツを視聴するだけのタブレットだったが、いまではMacやWindowsに負けない「生産性」のあるコンピューターに進化している。

アップルのここ数年の戦略を見ていると、パーソナルコンピューターの「新しいデファクトスタンダード」として、iPadを育てようとしている意思を感じる。

長年、苦手だった「アプリの切り替え時の使い勝手の悪さ」をなんとか克服することで、アップルはiPadでWindowsを打倒しようとしているのではないだろうか。

現地で取材した石川温氏出演のWWDC22解説はこちらから。

撮影:Business Insider Japan

(文、撮影・石川温、編集・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み