無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォール街の豪華福利厚生や大幅賃上げは過去のもの。買い手市場化する労働市場とリストラに怯える若手銀行員たち

ウォールストリート

景気減速により投資銀行の採用が抑制されている。2021年まで強い立場にいた若手行員たちは、今や立場が弱くなりつつある。

DNY59/Getty Images

2021年、金融業界の若手行員たちが戦いを仕掛けたことで、ウォール街にショックが広がった。

投資銀行の若手社員たちが、燃え尽き症候群になったと苦情を言いながら金融業界からこぞって離脱していったのだ。そのせいで人員不足に陥り、若手人材を補充せざるを得なくなった銀行の中には、取引を断らざるを得なくなったり、ライバル銀行から人材を引き抜いたりしたところもあった。

人員減に歯止めをかけ、若手の退職を防止しようと、ウォール街の金融機関はさまざまな福利厚生や好待遇を打ち出した。潤沢なボーナス、休暇費用全額負担、オンラインフィットネスのペロトン(Peloton)のバイク付き無料サブスクリプション等だ。

基本給も2022年初頭まで継続的に上がり、文字通りウォール街のどの銀行でも、1年目の投資銀行員の報酬が10万ドル台(約1350万円台、1ドル=135円換算)というところまで来た。

若手銀行員たちは突如手にした力を満喫し、業界で最も影響力のない末端の人材が、全てのパワーを手中に収めたかのように見えた。

ところが、ここ数カ月で急激にディールの数が落ち込んできた。銀行ウォッチャーたちの間には動揺が広がり、採用が凍結されてレイオフが起こるのではないかとの懸念が広がっている。

宇宙をも掌握したかのような野心あふれる若手行員たちは今、不都合な現実に直面している。上司に勝っていたのはほんの短い間だけで、その勝利にも終わりが見えているのかもしれないと業界関係者は言う。

ウォール街の賃金動向を詳しく追う報酬コンサルタントのアラン・ジョンソン(Alan Johnson)は、Insiderの取材に対し次のように語る。

「2021年は、振り子が異常なほど従業員優位に振れました。今後は、その振り子はおそらく真ん中に戻っていき、経営者と従業員双方のバランスが取れる場所に落ち着くと思います。労働市場がひっ迫していると、給与は上がりますし、人は選り好みします。労働市場の状態が正常に戻ってくれば、そうはなりません」

過去数カ月で証券などの公募は急減しており、M&A市場も前年比で20%以上減少している。あるジュニアバンカーが最近漏らしたところでは、仕事がほとんどないので、ニューヨーク・シティから何週間かこっそり抜け出し、暖かいところで恋人と過ごしていたらしい。プールサイドでまったりしながら何時間もXboxをプレイして楽しんだそうだ。

一方、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは、2022年6月1日に行われた業界の会議に登壇し、経済的な「ハリケーン」が来て世界経済に冷や水を浴びせるだろう、と警告した。

ハリケーンが襲来したときの常だが、今回のハリケーンも、どうやら浮かれている場合ではなさそうだ。

仕事があるのはありがたい

今回想定される景気停滞は、市場をかき乱した2020年春の短い混乱期を除けば、ジュニアバンカーたちが就職してから初めて経験する景気停滞になる。しかし、UBSの株式担当リサーチアナリスト、ブレナン・ホーケン(Brennan Hawken)は、過去の停滞局面は今後の展開を予測する上で参考になると言う。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular