無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


セールスフォースが「NFTクラウド」発表。新サービスは反発した従業員400人の理解を得られるか

セールスフォース

セールスフォースのマーク・ベニオフ共同CEO。

Kimberly White/Getty Images for Fortune

2022年6月8日、セールスフォース(Salesforce)は、非代替性トークン(NFT)の作成・管理を支援する法人顧客向け製品「NFTクラウド」の最初のバージョンをリリースしたと発表した。

NFTクラウドは、仮想通貨関連技術のいわゆるWeb3市場への同社初参入となる製品で、同社の「Commerce Cloud」スイートの一部である。発表時点では、NFTクラウドは非公開パイロット版でのみ利用可能で、選ばれた顧客が試用しているところだ。

「現実世界でもデジタル世界でも、つながり合ってパーソナライズされた体験を可能にするために顧客を支援するのが我々の目的です」と、エマージング・テクノロジー担当シニア・バイスプレジデントのアダム・カプラン(Adam Caplan)は記者会見で述べた。「つまりNFTクラウドは、顧客がNFTの発行・管理・販売を行うのを支援するサービスです」

カプランによれば、この新製品はもともと、Web3に取り組みたいので何か手伝って欲しいと顧客に依頼されたことがきっかけとなって生まれたという。

2022年2月、CNBCがセールスフォースのNFTクラウド開発計画を最初に報じた。この報道を受け、トムソン・ロイター・ファンデーション・ニュース(Thomson Reuters Foundation News)が報じたところでは、400人を超すセールスフォースの従業員が、NFTが環境や経済に与える影響を理由に、共同CEOであるマーク・ベニオフとブレット・テイラー(Bret Taylor)に宛てた抗議の公開書簡に署名した。

渦中の2月にInsiderが同社広報担当者にコメントを求めたところ、「社員が意見を自由に言える文化があるのは素晴らしいことです。このことに関心がある社員の意見を聞く機会を設け、彼らのフィードバックを今後の展開に活かすつもりです」との回答だった。

NFTやそれより大きな仮想通貨の市場成長は近年眼を見張るものがあるが、テック業界でもNFTに対する意見は分かれている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular