無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの害虫駆除会社、2000ドルでゴキブリ100匹を家に放たせてくれる住宅所有者を募集中

ノースカロライナ州ローリー

ノースカロライナ州の州都ローリー。

Kruck20/Getty Images

  • アメリカのノースカロライナ州にある害虫駆除会社は、2000ドル(約27万円)を払う代わりにゴキブリ100匹を家に放ってもいいという住宅所有者を探している。
  • 同社では、30日間の調査に協力してくれるアメリカ各地の住宅5~7軒を探しているという。
  • ゴキブリは殻が硬くて繁殖のスピードも速いことから、駆除するのは簡単ではない。

アメリカのノースカロライナ州ローリーにある害虫駆除会社ペスト・インフォーマー(Pest Informer)は、2000ドルを払う代わりにゴキブリ100匹を家に放ってもいいという住宅所有者を探している。

ウェブサイトによると、同社はゴキブリ100匹を家に放たせてくれる家を5~7軒探しているという。

Insiderはペスト・インフォーマーにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

同社はこの調査によって「ある害虫駆除技術」を研究できるとしている。調査期間は約30日で、専門家がその過程を撮影するという。

応募の条件は3つ —— 所有者の承諾書、所有者が21歳以上であること、家がアメリカ本土にあることだ。

30日の調査期間中、住宅所有者は他の害虫駆除の技術を使うことはできない。ただし、調査期間が終わるまでに新しい技術でゴキブリを駆除し切れなかった場合は、既存の技術で駆除するとしている。

世界には4000種類以上のゴキブリがいるが、アメリカで最も多く見られるのはワモンゴキブリだ。その硬い殻、弾力性、繁殖スピードの速さから、駆除するのは簡単ではない。ニューヨークの害虫駆除会社ぺステック(Pestech)によると、メスのワモンゴキブリは多い時で週に卵鞘を2つ産むことができる —— そして卵鞘には1つあたり約16個の卵が入っていて、24~38日で孵化するという。

ペスト・インフォーマーが今回の調査でどのようなアプローチを取るのかは不明だが、害虫駆除に詳しいブログ『Insect Cop』によると、専門家はジェル型ベイト剤やホウ酸団子といった殺虫剤をゴキブリのよく出る場所に置いて使うことが多いという。

[原文:A pest company says it will pay you $2,000 to release 100 cockroaches into your home and study what happens

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み