無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


サザビーズが美術品を担保に融資ビジネス。JPモルガンのベテラン引き抜き金融部門拡大の狙いとは

サザビーズ

2004年5月、ニューヨークのオークションハウス、サザビーズで、1億4168万8000ドルで落札されたパブロ・ピカソの絵画『パイプを持つ少年』。

REUTERS

美術品を担保とした融資は、エリート層向けのプライベートバンクにおいて人気のあるサービスだ。税金がかかるので株式や不動産は売りたくないが現金が必要な富裕層にとっては、美術品コレクションを利用することが解決策となる。

デロイト(Deloitte)の試算によると、この市場は2021年には240億ドル(約3兆2400億円、1ドル=135円換算)から282億ドル(約3兆8100億円)へと成長し、2022年には最大313億ドル(約4兆2300億円)に達するという成長市場だ。

プライベートバンクがこれらの融資の大部分を占めるが、277年の歴史を持つオークションハウスのサザビーズは、この市場でシェア拡大を狙っている。サザビーズが金融サービス部門の強化に乗り出したのは、2020年9月に元ヘッジファンドマネジャーのアレックス・クラビン(Alex Klabin)がサザビーズの少数株主となり、金融ユニットのエグゼクティブチェアに就任したのがきっかけだ。

クラビンが経営に参画して以降、サザビーズの金融サービス部門の人員は30人へと倍増し、さらに採用が進んでいる。最も注目すべきは、JPモルガン(JPMorgan)に24年間勤めたベテランで、米国融資ソリューションの責任者だったスコット・ミライセン(Scott Milleisen)を2021年11月に引き抜いたことだ。

ミライセンはInsiderに対し、自分の使命はサザビーズの融資事業をプライベートバンクと同レベルにまで成長させることだと語る。ハイエンドの富裕顧客をめぐる競争は激しいが、融資の資金要件に関しては他社よりサザビーズのほうが柔軟だと彼は言う。

スコット・ミライセン

サザビーズの融資部門責任者を務めるスコット・ミライセン。

Sotheby's提供

プライベートバンクは現代美術やモダンアートに重点を置く傾向があるが、サザビーズは自社が販売するほぼ全ての種類の物品(ワインや腕時計も含むが、NFTは除く)に対し、200万ドル(約2億7000万円)から1億5000万osieドル(約202億円)の融資を行う。例えば、サザビーズは現在、オールドマスター絵画のコレクションを担保とした大型融資を準備中だ。

サザビーズは融資残高を開示していないが、融資の需要は高く、残高は年率で35%増加したという。サザビーズは非公開化する前の2019年9月30日時点では8億5100万ドル(約1150億円)の有担保融資を報告していた。

ミライセンは「返済原資として担保だけに頼っているなら、その担保について熟知する必要があります」と語る。「我々が評価を作り、それらの物品の市場を作っているので、このやり方が非常にうまくいっているのです」

サザビーズの融資の仕組みとは?

サザビーズの融資は株式投資家と銀行の貸し手(ミライセンは彼らの名前を明かしていない)から資金調達している。融資は通常2年で満期となるが、多くの人が更新する。担保となった物品のほとんどはサザビーズか提携先の倉庫に保管される。自然光やセキュリティに関するサザビーズの仕様に沿って保管できるのであれば、借り手が美術品を自宅に置くことを許可する場合もある。一部の銀行も、借り手が物品を自分の家に保管することを許可している。

あわせて読みたい

Popular