無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


プライド・イベントを狙って31人が逮捕… 白人至上主義を掲げる「パトリオット・フロント」とは

パトリオット・フロント

拘束されたパトリオット・フロントのメンバー。

North Country Off Grid/Youtube/via REUTERS

  • 「パトリオット・フロント(Patriot Front)」はネオナチグループ「ヴァンガード・アメリカ(Vanguard America)」から生まれた白人至上主義の組織だ。
  • パトリオット・フロントは数々の破壊活動を行ったり、社会の非主流コミュニティーを標的にしてきた。
  • 6月11日には、アメリカのアイダホ州で開催されたプライド・イベントの会場付近で、パトリオット・フロントのメンバー31人が逮捕された。

白人至上主義グループ「パトリオット・フロント」の創設者を含む31人の男が6月11日、アイダホ警察に逮捕された。

男らは現地で開催されていたプライド・イベントの会場近くに暴動鎮圧用の装備を身に付けて集まっていて、その後、全員が暴動を共謀した容疑で逮捕された

パトリオット・フロントは2017年、バージニア州シャーロッツビルで開かれた極右集会「ユナイト・ザ・ライト(Unite the Right)」の後に生まれた。南部貧困法律センター(SPLC)によると、パトリオット・フロントは同じような信条を掲げるネオナチグループ「ヴァンガード・アメリカ」の分派として活動が始まった。白人至上主義者でシャーロッツビルの集会で人種差別反対派の群集に車で突っ込み、女性1人を死亡、多くの人々を負傷させたジェームズ・アレックス・フィールズ・ジュニア(James Alex Fields Jr)被告はヴァンガード・アメリカと関係があった。

パトリオット・フロントは彼らが「置き換え人口(replacement populations)」と呼ぶ人々を撲滅させようとする白人至上主義的な思想を中心に展開している。これは非白人の移民が白人の住民に「置き換わろうとしている」という陰謀論を参考にしたもので、さまざまな極右の銃乱射事件でも使われている表現だ。SPLCによると、パトリオット・フロントはアメリカを白人民族国家にすることを目指している。

「パトリオット・フロントは最も力を持つ白人民族主義のプロパガンダ組織の1つになった」とInsiderに語ったのは、過激派組織に詳しいWestern States Centerのプログラム・アナリスト、スティーブン・ピゴット(Stephen Piggott)氏だ。

パトリオット・フロントは、近年はその大規模デモや破壊活動で知られ、数多くの「Black Lives Matter(黒人の命も大切だ)」運動関連のボードや警察に命を奪われた黒人の記念碑を傷つけたり、汚したりしてきた。彼らは移民やLGBTQ+コミュニティーといった社会の非主流の集団も標的にしている。HuffPostの報道によると、彼らはこうした破壊活動をしばしば自ら撮影し、テレグラム(Telegram)に投稿しているという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み