無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


6名の著名VCが明かす、逆風でも起業家が資金調達を成功させる10のヒント。ヘルスケア企業に眠るチャンス

ヘルスケア分野の著名VCたち

Maverick Ventures / Initialized Capital / Craft Ventures

景気後退が懸念される中、ハイテク産業は株式市場で困難に直面している。スタートアップはバリュエーションの低下、コスト削減、ベンチャーキャピタル(VC)の資金枯渇に直面し、多くの投資家は投資先企業に対して、ランウェイを延長して資金を節約するよう助言している。

ヘルステック系スタートアップも例外ではない。年間投資額が2019年以降3倍に増え、2021年には291億ドル(約3.9兆円、1ドル=134円換算)に達した過去3年間からの急反転になる可能性が高い。

要するに、過去数年間にヘルスケアのスタートアップが享受した資金調達の大盤振る舞いからは程遠い状況になるということだ。

しかし、このような環境下でも、競合の動向に目を配り、自社の市場で専門性を高め、セールストークを磨き上げれば、チャンスは残っていると投資家たちは述べる。

そこでInsiderは著名なヘルステック系ベンチャーキャピタリスト6名に、創業者への最高のアドバイスを求めた。

結果として、ヘルステック業界に限らず、資金調達の場において起業家がセールストークを成功させるためのヒントや、陥りがちな失敗を克服する方法について、10のヒントが集まった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular