無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


もう1人のペイパルマフィアも「意欲のある人ならリアルで働く」…在宅勤務反対はイーロン・マスクだけではない

Keith Rabois

キース・ラボア。

Keith Rabois

リモートワークを好まないのはイーロン・マスク(Elon Musk)だけではない。多くの投資家も同じような考え方をしている。

Protocolのアリソン・レヴィツキー(Allison Levitsky)は最近、オフィスでの仕事を重要視するさまざまな投資家にインタビューをした。その中には、アメリカのベンチャーキャピタルFounders Fundの共同経営者で、ペイパル(PayPal)創業メンバー「ペイパルマフィア(PayPal Mafia)」としても知られる投資家のキース・ラボア(Keith Rabois)も含まれている。

2022年5月、ラボアは「IRLのスタートアップへの出資を検討中」とツイートした(IRLはIn Real Lifeの略で「現実世界」という意味)。彼はレヴィツキーへの追加コメントで、「IRLを主とするスタートアップだけに投資している」と述べている。

オフィス勤務の方針を強制することで人材を失うわけには行かない企業もあるという考え方について尋ねたとき、ラボアはそれに納得していなかったとProtocolは報じている。

「そのような人たちは雇わない。意欲的な人たちはIRLで仕事をしたがるものだ」とラボアはレヴィツキ―に話している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み