無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


iPhoneの充電がうまくいかない? 電池の健康状態の確認と交換時期の見分け方

トップ

「最近、バッテリーの減りが早い?」と思うことはないだろうか。(写真はイメージです)

撮影:今村拓馬

iPhoneのバッテリーは時間とともに劣化し、一度劣化が始まると100%の健康状態には戻せない。

購入したiPhoneを使い続け充電を繰り返すと、バッテリーは徐々に電力を保持する能力を失い、使用できる時間が短くなっていく。

これは製品の仕様上避けられないことで、一度使い始めたバッテリーを100%の健康状態に保つ方法はない。

ただし、アップルはバッテリーの健康状態を確認する方法を用意しているので、交換の目安にすることはできる。

ここでは、iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法について説明する。

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法

健康状態

iPhoneのバッテリーの健康状態は、「設定」アプリで確認できる。

画像:筆者によるスクリーンショット

iOS 11.3以降を搭載した iPhoneを使用している場合、「設定」でバッテリーの健康状態を確認可能。

iOSのバージョンが古い場合は、iPhoneをアップデートする必要がある。

1.「設定」アプリを起動。

2.「バッテリー」をタップ。

3.「バッテリーの状態」をタップする。


iPhoneの「バッテリーの状態」とは?

バッテリー状態

最大容量が80%以下になったら、買い換えやバッテリー交換を考える時期だ。

画像:筆者によるスクリーンショット

「バッテリーの状態」のページには、普段画面右上に表示されるバッテリー容量とは別に「最大容量」という数値が表示されている。

アップルの説明では、この「最大容量」とは「新品時と比較したバッテリー容量の指標」となっている。

この「最大容量」が少ないと、100%の満充電になっていても、使用時間が短くなる可能性がある。「最大容量」が100%に近いほど、より良い状態といえる。

アップルは、「500回の完全な充電サイクルの後、元の容量の最大80%を保持するように設計されている」と説明している。

つまり、80%を超えるものは良好と見なされるが、バッテリーがこの基準値を下回ると消耗したと見なされる。しかも劣化がより速くなるため、交換を検討する必要がでてくる。

注:iPhoneが80%を超えて充電されない場合、「バッテリー充電の最適化」がオンになっている可能性があるので確認してみよう。

「ピークパフォーマンス性能」には、バッテリーの状態についてのより詳しい説明が記載されている。

説明文の意味は次の通りだ。

「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」

これは、バッテリーが正常に動作しており、利用可能な最大容量を持っていることを意味している。

この状態を長く維持するために、充電回数を減らしたり、充電しながら使用しないといったバッテリーを健康に保つためにできることがいくつかある。

「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています」

このメッセージは、使用しているiPhoneでバッテリーに問題が発生していることを示している。読み込み時間が遅くなるなど、パフォーマンスの問題が発生する可能性がある。

iPhoneの買い換えや、バッテリーの交換などを検討する時期と言える。

「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます」

安全性の問題はないものの、バッテリーとパフォーマンスの問題がより顕著に感じられる状態になっている。バッテリー交換をしたほうが快適に使える時期だ。

ちなみに、使用しているiPhoneが古く、iOS 11.3にアップグレードできない場合、「設定」でバッテリーの健康状態を確認することはできない。

ただし、アップルに依頼して、バッテリーの診断テストを実施してもらうことは可能。これは、Apple Storeに行くか、アップルのカスタマーサポートにオンラインで対応してもらえる。

「この iPhone で正規のApple製バッテリーが使用されていることを確認できません。このバッテリーではバッテリーの状態の情報を利用できません」

このメッセージは「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」以降で表示されることがあり、正規の手続でバッテリー交換が行われていない場合、このメッセージになる。

バッテリーの状態が確認できないので、買い換え時期や次のバッテリー交換時期がわかりにくいため、バッテリー交換はアップルの正規サポートか、公認の修理店に行こう。

(文・中山智、編集・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み