無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


毎日甘い飲み物を飲むと肝臓がんのリスクが高まる…最新の研究で関連性が判明

毎日甘い飲み物を飲むと肝臓がんのリスクが上がる

fotostorm/Getty Images

  • ソーダなどの甘い飲み物を毎日飲むと肝臓がんのリスクが上がると、最新の研究が示唆している。
  • 飲み物への糖分の添加は、インスリンや血糖値を乱し、肝臓にストレスを与えかねない。
  • 砂糖は、肝臓周辺の炎症や脂肪の蓄積、がんの危険因子に関連している。

2022年6月14日から16日に開催されたアメリカ栄養学会の「NUTRITION 2022 LIVE ONLINE」で発表された研究内容によると、甘い飲み物を1日1本以上飲むと、肝臓がんのリスクがかなり上がるという。

ハーバード大学THチャン公衆衛生学校などの複数の機関の研究者が、50歳から79歳の閉経後の女性9万504名に関するデータについて、約19年に渡って追跡調査を行った。彼らが調べようとしたのは、ソーダやフルーツジュースのような甘い飲み物の摂取と肝臓がんのリスクに相関関係が見られるかどうかだ。

その結果、甘い飲み物を1日に少なくとも1本飲む女性は、月に3本以下しか飲まない女性に比べて、肝臓がんになる確率が73%も高いと分かった。さらに、1日1本以上飲む人は78%も高くなるという。

世界がん研究基金によると、肝臓がんは世界のがん患者の中で6番目に多いがんであり、アメリカがん協会によると、アメリカでは肝臓がんの患者数と死者数がともに増加傾向にある。

これまでの研究で、アルコールの摂取は肝臓がんのリスクを上げコーヒーは下げるというように、他の飲み物の摂取習慣が肝臓がんのリスクに影響を及ぼすことが示唆されている。

サウスカロライナ大学の博士課程の学生でこの研究の筆頭著者であるロンガン・ザオ(Longgang Zhao)によると、さらなる研究で甘い飲み物と肝臓がんに関連性が認められれば、甘い飲み物を摂取しないことが肝臓がんのリスクを減らすことになると示唆するものになるという。

「砂糖が入った甘い飲み物を水、ノンシュガーのコーヒーや紅茶に変えれば、肝臓がんのリスクがかなり下がる可能性がある」とザオはプレスリリースで述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み