無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


少し砂糖を加えても、コーヒーには長生きの効果あり…7年間の調査で明らかに

コーヒーを飲むことが慢性疾患や早死にの予防につながる、という新たなエビデンスが報告された。

コーヒーを飲むことが慢性疾患や早死にの予防につながる、という新たなエビデンスが報告された。

Andresr/Getty Images

  • 7年間にわたる研究の結果、コーヒーを飲むと寿命が延びることが示唆された。
  • コーヒーを飲む人のほうが、がんや心臓病で死に至るケースが少なかったという。
  • 少し加糖したコーヒーを飲んでいた人も長生きしていることから、砂糖を入れるのもあながち不健康ではないかもしれない。

毎日コーヒーを飲む習慣は、より健康でより長い人生を送るのに役立つかもしれない。たとえ砂糖を入れて飲んだとしても、効果が期待できる。このような研究結果が、学術誌「Annals of Internal Medicine」に2022年5月31日付けで発表された。

中国、広州にある南方医科大学の研究チームは、研究開始時にがんや心臓病を患っていなかったイギリスの住民17万1000人余りを対象に、コーヒーの摂取習慣と健康に関するデータを7年間にわたって調査した。

これまで、コーヒーを飲む人は長生きすることが示唆されてきた。中国の研究チームは、毎日飲むコーヒーに砂糖を加えても、同じ結果が得られるかどうかを検証した。

その結果、無糖のコーヒーを定期的に飲む人は、コーヒーを飲まない人に比べて、研究期間中に死亡する確率が16~21%低かった。

また、少量の砂糖を加えたコーヒーを1日1~4杯飲んでいる人は、死亡率が29~31%低かったという。

一方、人工甘味料を加えていた研究参加者では、そこまで明確な結果は得られず、先行研究でも結果は一貫していない。メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)によると、人工甘味料は、砂糖の安全で健康的な代替品になりうるという専門家の見解やエビデンスがある一方で、がんや代謝の問題を引き起こしかねないとして懸念する声もある。

ただし、砂糖を多量に加えたコーヒー飲料については、必ずしも健康に良いというエビデンスはないと、ハーバード大学の内科学准教授クリスティーナ・ウィー(Christina Wee)博士は、南方医科大学の研究に付随して掲載された論説で述べている。参加者は、平均してコーヒー1杯に約小さじ1杯の砂糖を加えており、これは、調味済みのコーヒー飲料、またはコーヒー入りの飲料に一般的に添加される甘味料と比べると、はるかに少ない量だ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み