無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


新型スマホ「OPPO Reno7 A」は4万円台でおサイフ&防水対応。「長期利用ニーズ」を狙う

OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 Aの本体カラーはドリームブルー、スターリーブラックの2色。見る角度によって質感が異なって見える。触感は滑らかなマット仕上げだ。

撮影:太田百合子

スマートフォンの出荷台数で世界第4位(2022年第1四半期、IDC調べ)の「OPPO」を手がけるオウガ・ジャパンは、6月16日に新型スマートフォン「OPPO Reno7 A」を発表した。

直販価格は4万4800円(税込)。6月23日からau、UQモバイル、ワイモバイル、家電量販店、一部MVNOで販売されるほか、6月30日からは楽天モバイルでも取り扱いがスタートする。

4万円台でも「おサイフ」「防水」対応の全部入りモデル

Reno7 A ハンズオン

薄さが約7.6mmとスリムかつ、重さも約175gと6.7インチのスマートフォンとしては軽量。実際のサイズよりもコンパクトに感じる。

撮影:太田百合子

「OPPO Reno7 A」は約6.7インチと大画面かつ、コントラスト比の高い有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ内には、約1600万画素(F値2.4)のインカメラを搭載する。

リフレッシュレートは90Hz(数値が高いほどちらつきが抑えられる)をサポートするなど、昨今のトレンドとなっているゲーム需要にも応える。

CPUにはミドルレンジモデル向けのクアルコム製「Snapdragon 695 5G」を採用。

「OPPO Reno7 A」の主な特徴

「OPPO Reno7 A」の主な特徴。

撮影:太田百合子

背面カメラは約4800万画素の広角(F値1.7)、約800万画素(F値2.2)の超広角、約200万画素(F値2.4)のマクロの3レンズ構成だ。

バッテリーは4500mAhで急速充電にも対応。生体認証は画面内に配置された指紋認証と顔認証をサポート。前世代機に引き続きIP68の防水・防じん、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応している。

新旧比較

前モデル(写真左)ではエッジが丸く加工された角のないデザインが採用されていたが、新製品(右)はベゼルがフラットな板状のデザインとなっている。

撮影:太田百合子

中でも注力したのが、愛着の持てる「デザイン」だという。

OPPO Reno7 Aのプロダクトマネージャーを務める中川裕也氏によれば、プロダクトデザインに高い専門性を持つ国内のデザイン会社の協力を得て、大規模なインタビューを実施。「感性に寄り添うデザインを目指した」という。

OPPO Reno7 Aの背面には、「OPPO Glow」と名付けられた特殊な加工が採用されている。

指紋が付きにくいマットで滑らかな触り心地と、見る角度や光の当たり方によってきらめく塗装が両立した、シンプルだが飽きの来ないデザインになっている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み