無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクがTwitter従業員総会で語り尽くした「11の本音」発言中の社内Slackは暴発寸前に…

prime_elon_musk_top

ツイッター(Twitter)買収合意後、初めて同社の従業員集会に参加したテスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク。画像は5月2日、ニューヨークでのイベント参加時の撮影。

REUTERS/Andrew Kelly

イーロン・マスクは6月16日、ツイッター(Twitter)の従業員総会にオンラインで参加した。

レイオフ(一時解雇)の可能性から宇宙人の存在、最高経営責任者(CEO)就任の意思の有無、経営権掌握後の見通しまで、従業員からの自由な質問に応じて持論を展開した。

総会の司会役はツイッター最高マーケティング責任者(CMO)のレスリー・バーランドが務めた。

マスクは従業員との対話の冒頭、ツイッターを心から愛していること、それゆえに同社を買収したいと考えていることをあらためて強調した。

Insiderは総会当日の録音を直接確認した。

実際どのようにツイッターを買収しようとしているのか、具体的なプロセスについて新しい情報はマスクの口から語られなかった。

従業員からの質問は主に、ツイッターの今後に関するプラン、プロダクトやビジネスの方針転換、言論の自由に関する見解などに集中した。

マスクは1時間あまりにわたって、さまざまのテーマについて長々と見解を述べた。質問に応じて答えた内容もあれば、自ら語りだした内容もあった。

以下では、総会におけるマスクの発言をポイントごとに紹介しよう。

【要点1】レイオフの可能性はある

レイオフ(一時解雇)について質問を受けたマスクは、言葉を濁さず、まずはツイッターの収益が支出を下回っている現状を指摘した。

「決して素晴らしい状況ではない。会社の体質を健全化し、収益がコストを上回る状況にもっていく必要がある。そうでなかったらツイッターは単に存続できないか、もしくは成長できないかだ」

さらに、従業員、経営幹部を問わず懸念の広がっているレイオフについては、「会社を救う」ための取り組みとして可能性があることを示唆した。

「私はただ破壊することだけを目的に行動しているわけではない」

【要点2】本当にツイッターが好き。買収後の経営プランはある

ツイッターの経営陣、経営手法、ユーザー数などに関する最近の批判的な発言から、すでに買収を目指す意思は薄れたのではないかとの憶測が飛び交っている。

しかし、マスクは従業員たちの前で自分がいかにツイッターを「愛しているか」をはっきり伝えた上で、2022年後半に買収を実現させたあとのビジネス展開について、自前のプランをいくつか披露した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular