無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テイラー・スウィフトからアーダーン首相まで。今年話題になった米大学の卒業式スピーチ

ヤンキースタジアムで祝辞を述べるテイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトは、ニューヨークのヤンキースタジアムで行われたニューヨーク大学の卒業式で祝辞を述べた。

REUTERS/Shannon Stapleton

アメリカの大学の卒業式は、通常5月から6月にかけて開催される。この時期になると、街中をガウンを着て歩く卒業生たちの姿が見られ、ガウンの色などから「あ、今日はNYU(ニューヨーク大学)の卒業式があったのか」「今日はコロンビアか」と分かる。道ですれ違う人々も卒業生に「おめでとう」と声をかけたりする。

私自身、ハーバードの卒業式の朝のことはよく覚えている。学校から借りたガウンと角帽でアパートからキャンパスに歩いていくと、近所のクリーニング屋、酒屋、書店、コーヒーショップなどの人たちが、卒業生たちに声をかけるために外に出て待ち構えていた。夜食事に行ったレストランでも、ウエイターから隣のテーブルの人たちに至るまで、あらゆる人々にいちいちおめでとうと言われた。そのくらい、大学がある街にとっては大事なイベントだ。

2020年、2021年はコロナによって卒業式が開けず、開けたとしてもオンラインだった。今年は3年ぶりのリアルな開催ということで、3年分まとめてやった大学もある。それでも出入国規制のせいやロシア・ウクライナの戦争のせいで、家族が卒業式に参加できなかった学生たちもいただろう。

アメリカの大学の卒業式の目玉は、政治家、経営者、文化人、芸能人、スポーツ選手など、さまざまなジャンルの大物が「コメンスメント・スピーカー」として述べる祝辞だ。大学側が選ぶこともあれば、学生たちの希望が反映される場合もある。

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での祝辞がそうであったように、のちのちまで語り継がれたり、出版されるような素晴らしいスピーチも少なくないので、3月ごろになると、「今年は、どこどこの大学で誰が祝辞を述べるらしい」といったことがニュースになったりする。

今年も米大統領のバイデン、副大統領のカマラ・ハリスをはじめ、大統領首席医療顧問のアンソニー・ファウチ、司法長官のメリック・ガーランド、元ジョージア州下院議員で投票権保護活動組織「Fair Fight」の創設者ステイシー・エイブラムス、アップルCEOのティム・クック、テニス選手のビリー・ジーン・キング、オリンピック・メダリストのアリソン・フェリックス、俳優のアダム・サンドラー、映画プロデューサーのタイラー・ペリーなど、幅広い分野で活躍する人々が祝辞を述べた。

その中でも、今年、特に印象的だったものを少し紹介してみたい。

「失敗から多くのことを学んだ」テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトの登場は、2時間50分ごろから。

Official NYU site

テイラー・スウィフトは5月18日、ヤンキースタジアムで行われたニューヨーク大学の卒業式で、名誉芸術博士号を授与された。彼女が自身の活動を通じ、音楽業界にあった壁を打ち破ろうと挑戦してきたこと、またこれまでの数々の慈善活動を評価するものだ。

今年のスピーチの中で、最も広く報道されていたのがスウィフトのものだった。テーマを短くまとめるなら、「あなたがたはこれからの人生で必ずミスを犯す。それを避けることはできない。でも、恐れることはない。私自身、失敗から多くのものを得てきた」ということだった。

彼女を追ったドキュメンタリー映画「ミス・アメリカーナ」(2020年)では、10代から芸能活動を始め、優等生のロールモデル役を押し付けられてきたために味わった重圧や傷ついた経験、屈辱、挫折、孤独について率直に語っている。そこで語られた自身の経験から得られたメッセージが、卒業式のスピーチには込められていた。

「私が犯したミスたちは、人生の中でもっとも素晴らしいものたちに導いてくれた。それが私自身の経験です。誰でも失敗したときには恥ずかしいと感じるけれど、それは人生の一部です。転んだ後、立ち上がり、埃を払った時、誰がまだあなたの傍にいて一緒に笑ってくれるか。それこそが宝物です」

My experience has been that my mistakes led to the best things in my life. And being embarrassed when you mess up is part of the human experience. Getting back up, dusting yourself off and seeing who still wants to hang out with you afterward and laugh about it? That’s a gift.


「私は、完璧主義というレンズを通して生きることの重圧を知っています」

I know the pressure of living your life through the lens of perfectionism.


「過ちのせいで、何かを失うこともある。でも私が言いたいのは、何かを失うことは、ただ失うということでは必ずしもないということです。多くの場合、私たちは何かを失うときに、別の何かを手に入れるものだから」

These mistakes will cause you to lose things. I’m trying to tell you that losing things doesn’t just mean losing. A lot of the time, when we lose things, we gain things too.


「これから先、さまざまな難しいことが起きるでしょう。でも、私たちは立ち直り、そこから学ぶでしょう。難しいことを経験することで、より打たれ強くなるのです」

Hard things will happen to us. We will recover. We will learn from it. We will grow more resilient because of it.

失敗を恐れるなというメッセージとともに、彼女らしいと思ったのが「情熱を隠すな。何かを欲しいと思うこと、そのために努力することを恥じるな」と語った部分だった。

「私は、『情熱を隠すべきでない』と強く推奨する人間です。『無関心でアンビバレント(どっちつかず)』であることをよしとする私たちの文化には、必死になることへの間違った偏見があるように思えます。これは、何かを『欲しい』と望むことは即ちカッコ悪いことである、という考えにつながるものです。欲など持たず、努力などしない人のほうが、がむしゃらな人よりも根本的にエレガントでカッコいいのだと。

挑戦することを恥じてはいけません。努力せずにうまくいくなどというのは神話です。何も欲を持たずクールにふるまっている人たちは、私が高校時代にカッコいいと思い、デートしたり友達になりたいと思っていた人たちです。私が今自分の会社に雇うのは、誰よりも強く欲しいものを求め、そのために必死に努力する人たちです」

I’d like to say that I’m a big advocate for not hiding your enthusiasm for things. It seems to me that there is a false stigma around eagerness in our culture of ‘unbothered ambivalence.’ This outlook perpetuates the idea that it’s not cool to ‘want it.’ That people who don’t try hard are fundamentally more chic than people who do.

Never be ashamed of trying. Effortlessness is a myth. The people who wanted it the least were the ones I wanted to date and be friends with in high school. The people who want it most are the people I now hire to work for my company.

この約20分にわたる、エンターテイニングかつ賢いアドバイスに満ちたスピーチを、テイラー・スウィフトは一度もつかえず、しかも楽しそうにこなした。彼女くらい聡明でステージ慣れした人であれば容易いことなのかもしれないが、スピーチが職業の一部である政治家や経営者や大学教授ではない人でも、ここまでできるということに今更ながら感心させられた。

スピーチ全文:Taylor Swift’s NYU Commencement Speech: Read the Full Transcript(billboard)

ハーバードで民主主義の危機を訴えたアーダーン首相

ハーバード大学の卒業式でスピーチするニュージーランドのアーダーン首相

ハーバード大学の卒業式でスピーチしたニュージーランドのアーダーン首相。民主主義の危機を訴えた。

REUTERS/Brian Snyder

5月26日、ハーバード大学の卒業式で祝辞を述べたのは、ニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーンだった。ハーバードの卒業式、特にハイライトである「Morning Exercise(朝の式典)」と呼ばれる、全学部合同(学部も大学院も)の式典には、大物スピーカーが呼ばれることが多い。2019年は当時ドイツ首相のメルケルだった。過去には、マデレーン・オルブライト、コフィ・アナン、アマティア・セン、ビル・ゲイツ、スティーブン・スピルバーグなどが登場した。

アーダーンは2017年にニュージーランド史上最年少の37歳で首相になり、そのことで大きなニュースになったが、この2年間のパンデミックの間に、世界における存在感はぐっと増した。新型コロナ危機との戦いの中、いくつかの国の女性リーダーたちの対応の的確さがしばしば話題になり、アーダーンはその筆頭として挙げられた。そんな彼女をハーバードが今年のスピーカーに選んだのは、タイムリーで納得の人選に思えた。

アーダーンはガウンの上に、ニュージーランド先住民の伝統的なマントを羽織って現れ、マオリ族の言語でオープニングを述べた。常日頃からユーモアがあり、地に足の着いた親しみやすいキャラクターで人気だが、このスピーチにも気取らず謙虚な人柄がよく表れていた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み