無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ディープマインドの内部告発者、セクハラで悩む同僚に退職を勧める…「あなたの才能は他の場所でも評価してもらえる」


ディーブマインドの内部告発者は元同僚に労働組合への加入も勧めていた。

ディーブマインドの内部告発者は元同僚に労働組合への加入も勧めていた。

Marianne Ayala/Insider

  • AI企業ディープマインドの元社員が、苦しむ同僚たちに退職を検討するよう促している。
  • この匿名の元社員は以前、同社がセクハラ問題の解決に積極的に取り組まないことを告発した。

アルファベット(Alphabet)傘下のAI企業ディープマインド(DeepMind)の元社員が、彼女自身のセクシャルハラスメントの被害経験を理由に、「悪い状況にある」同僚たちに会社を辞めるよう呼びかけている。

2022年3月、匿名の元社員(Insiderには身元を明かしている)は2019年を通じて年上の同僚からセクハラや暴行を受けたという申し立てを公にした。彼女は、ディープマインドとその親会社であるアルファベット(Alphabet)が、彼女の申し立ての処理を長引かせたことによって苦痛が増したと主張した。

その同僚からのセクハラの内容には「複数回の性的な誘い、女性への性的暴力行為の露骨な告白を含むグロテスクなメールやテキスト、自傷行為の脅迫など」が含まれていたと、彼女は当時ミディアム(Medium)に投稿している。

この申し立てを受け、ディープマインドの最高執行責任者ライラ・イブラヒム(Lila Ibrahim)は、同社の1200人の従業員にメールを送り、このケースは「複雑」だと主張した。元社員はこれを「決まり文句」 に過ぎないとしてイブラヒムの言葉に反論している

今回、この元社員は新たな公開書簡で、セクシャルハラスメント被害を申し出た人に対する秘密保持契約 (NDA)の禁止や社内の苦情処理手続きが2カ月を超えないようにするという、以前に人事部に提案した改革を同社が拒否していることを非難した。

「一部の人から『ディープマインドは絶望的だと思うか』と聞かれたことがある。私は以前、そうではないと答えていた。彼らには優秀な人材が必要だ」と元社員は書いている。

「しかし、今ではディープマインドの指導者の(欠如した)反応を見て、また同じような状況にある人々の話を聞いて、アドバイスを改めることにした。もし、あなたが悪い状況に陥ってしまったら、会社を辞めてほしい。人事部はあなたを助けないし、指導者層に対して残っていた、私の信頼もすでになくなっている」

そして彼女は「あなたが幸せなら、会社に残って改革のために闘ってほしい。そうでなければ、人事部に相談しても指導者が劇的に変わらない限りは絶対に変わらない。あなたの才能は他の場所で評価されるだろう」と付け加えた。

この元社員は、社内匿名SNS「Blind」への登録、会社への不満を公の場で訴えること、労働組合に加入することなどを元同僚たちに提案している。

「いつの日か、ディープマインドが労働組合の結成を承認させるのに十分な組合員数が確保できるようになれば、団体交渉力を強化でき、労働者の保護、権利に関する研修、透明性の向上が保証されるだろう」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み