無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大規模NFTイベントの創始者は、仮想通貨やNFTが暴落しても気にしない…「取引可能なNFTはエコシステムのごく一部分にすぎない」

NFTイベントが行われるNYタイムズスクエア

Fraser Hall/Getty Images

  • NFTイベント「NFT.NYC」の創始者であるジョディ・リッチがこのイベントやデジタル資産に関する考えを、Insiderの独占インタビューで明かした。
  • 2019年に始まった「NFT.NYC」は現在、ニューヨークのタイムズスクエアなどに1500人以上のスピーカーが登壇するまでになっている。
  • 「ニューヨークの『サウス・バイ・サウスウエスト』になるかもしれない」と、ジョディ・リッチは話した。

2022年6月21日、4年連続となる世界最大のNFTイベント「NFT.NYC」が始まった。デジタル資産市場が最近下落を見せているが、創始者のジョディー・リッチ(Jodee Rich)は明るい表情を見せている。

NonFungible.comのデータによると、NFTは2021年に躍進したが、週次の売上はピークである2022年1月の10億ドル近くから80%以上も下落している。それでも「NFT.NYC」は昨年の3倍の規模になっているとリッチは語っている。

タイムズスクエアの7つの公式会場とニューヨーク市中の数えきれないほどのサテライト会場には、1500人以上の登壇者と1万5000人の参加者が4日間に渡って集まり、NFT(非代替性トークン)のあらゆることについて語り合った。また、NFTアーティストによるバーチャルアート作品が、開催期間中にタイムズスクエアの電光掲示板に登場する。

以前は参加者はこのイベントを「仮想通貨のコーチェラ」とみなしていたが、NFTマーケットプレイスのNFT.KredのCEOも務めるリッチによると、ただ単に盛り上がる1週間というわけではなく、NFTに焦点を当てるものだという。

「我々はコミュニティに発言権を与えたかったので、NFT.NYCを始めた」と、リッチはInsiderに語った。

「できるだけ多くの人をステージに上げ、オピニオンリーダーを集め、できるかぎりNFTテクノロジーをイベントに取り入れたかった」

彼はこのイベントを、コーチェラではなく、もっと広範囲のものに例えた。

「ニューヨークの『サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)』になれるかもしれない」

2022年のテーマ「NFTの多様性」は、プログラムにも反映されている。NFTとサステナビリティ、ハリウッド、オリンピックスポーツ、ホスピタリティ、メタバースアパレルとの関連性など、幅広いディスカッションが繰り広げられた

NFTは、人々がSNSのプロフィールに使うデジタル画像であるだけではないとリッチは言う。それはNFTが持つ最も小さな役割の1つだという。

「NFTアーティストは、それがただのJPEG画像という考えに異議を唱えるだろう」とリッチは述べている。

「NFTはアーティストと作品の購入者の繋がりを変える可能性があるが、それだけでなく、多くの異なるプラットフォームでダイナミックな空間、インテリジェンスやメタデータなどを提供できる」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み