モルディブに水上都市を建設中…2027年には5000棟に2万人が暮らす街に

2027年に完成予定の「モルジブ・フローティング・シティ」は、5000棟の浮遊式モジュールユニットに2万人が住めるようになると計画されている。

2027年に完成予定の「モルディブ・フローティング・シティ」では、5000棟の浮遊式モジュールユニットに2万人が居住する。

Waterstudio.NL/Dutch Docklands

  • オランダの開発業者が、モルディブに広大な水上都市を建設している。
  • ここでは、水上に網の目のように配置された5000棟の建物に、2万人を収容する予定だ。
  • これらの建物には、住宅、店舗、学校まで含まれ、モルディブの首都マレから10分の距離に建設される予定だ。

オランダの建築事務所Waterstudioが、モルディブの首都マレからわずか10分の場所に水上都市を造ろうとしている。

同事務所が設計した「モルディブ・フローティング・シティ」は、膨大な数の浮遊式モジュールのプラットフォームを、ノウサンゴ(脳珊瑚)のような形につなげたものだ。

Waterstudioの創設者であるコーエン・オルタシュ(Koen Olthuis)がInsiderに語ったところによると、このプロジェクトは、地元の開発業者であるDutch Docklandsとマレの行政府とのコラボレーションだという。その目的の1つは、居住エリアを増やすことだ。

オルタシュによると、水上都市の建設は、今後何世代にもわたって続くであろう海面上昇の脅威への解決策にもなるという。

「水上都市内は、浮遊式のストリートでつながれ、散策することができる。また、都市内や首都マレへの物資や人の移動にはボートが使われる」とオルタシュは言う。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み