無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ベンチャーキャピタルが投資リターン成績を公開。未実現利益1350億円超、収益率123%のファンドも

ベンチャーキャピタル

スタートアップにとっては欠かせない存在と言えるベンチャーキャピタル。だがそのリターン成績は秘中の秘だ。

Erce/Shutterstock

ベンチャーファンドがテック系スタートアップへの投資でどのくらい儲けているのか知りたいなら、せいぜい幸運を祈る。ほとんどのベンチャーキャピタル(VC)は、投資先のリターンをまるで国家機密であるかのように注意深く秘匿している。他の金融機関とは違って、VCは帳簿を公開することを義務づけられていない。

「VCがなぜ非機密の業績情報をもっと公開してこなかったのか。その理由は、ほとんどが業界慣習だと思います。歴史的にベンチャー業界はかなり不透明でしたからね」

サファイア・パートナーズ(Sapphire Partners)でベンチャー戦略を指揮し、OpenLPというウェブサイトの制作者でもあるビーザー・クラークソン(Beezer Clarkson)はそう語る。

しかし、フィンテック分野に特化したロサンゼルス拠点のVC、Group 11の創業パートナーであるドヴィ・フランシス(Dovi Frances)は、VCはもっと手の内を見せるべきだと考えている。

「VC業界には3000人近いプレイヤーがいますが、透明性のあるプレイヤーはほとんどいません」とフランシスは指摘する。

ドヴィ・フランシス

Group 11の創業パートナーを務めるドヴィ・フランシス。

提供:Group 11

透明性があるのはいいことだという考えのフランシスは、「我々はまだセコイア(Sequoia)やアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreesen Horowitz)のようにはなっていない」と、この業界で何十年も投資を続けている由緒あるVCの名を挙げ、透明性を高めることが競合他社より目立つ方法になるとの思いを明かす。

集団での意思決定を嫌い、直感を信じるフランシスは、金融業界でのキャリアを経て2012年にGroup 11を創業。現在も唯一のゼネラルパートナーだ。出身はイスラエルで、年に6週間ほどを現地で過ごす。彼のポートフォリオの70%は、創業者がイスラエル人か、イスラエルで何らかのプレゼンスを持っている企業だ。

フランシスはInsiderの取材に対し、自社のリターンを公開した。5つのファンドから多額のリターンを挙げており、未実現利益は10億ドル(約1350億円、1ドル=135円換算)を超えている。

これがリターン成績の一覧だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular