無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


G7サミットの主要議題はインフレとエネルギー安全保障?…気候変動対策は一時棚上げか

G7に集まる豊かな国々は気候変動への取り組みを遅らせる可能性がある。

G7に集まる豊かな国々は気候変動への取り組みを遅らせる可能性がある。

peepo/Getty Images

  • インフレとエネルギー安全保障がG7サミットを支配し、気候変動対策が犠牲になるかもしれない。
  • バイデン大統領はガソリン税の一時停止を要求し、ヨーロッパの一部の国は石炭に戻ろうとしている。
  • 気候変動対策支持者たちは、今こそ化石燃料ではなく再生可能エネルギーに投資する時だと述べている。

2007年、ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は、気候変動の危機をこのように表現した

「真夜中まであと5分ではない。真夜中5分前ではなく、真夜中を5分過ぎている」

今のドイツにはさらにあと数分必要なようだ。

2022年初め、欧州最大の経済大国であるドイツがG7議長国を引き継いだとき、気候変動問題はその最優先課題だった。今、ロシアのウクライナ侵攻は、アルプスの高級リゾートで2022年6月26日に開幕するG7サミットの最重要議題にエネルギー安全保障とエネルギー価格を浮上させた。おそらく、気候変動対策を犠牲にして。

トロント大学が運営するG7・G20リサーチグループのディレクター、ジョン・カートン(John Kirton)は「プーチンが天然ガスの供給を停止しているため、考え直さなくてはならなくなった」と述べた。

「G7サミットが対処しなければならない今現在の明確な危機は、インフレとエネルギー価格だ」

ドイツ、オランダ、オーストリアは、ロシアの国営エネルギー会社ガスプロムがドイツへの天然ガスの供給を約60%削減したため、その穴を埋めるために石炭火力発電に回帰している。石炭は天然ガスよりも温暖化ガスの排出量が多いので、これは一歩後退だと言える。ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)首相は、セネガルでの天然ガスプロジェクトを推進したいと述べている。

一方、アメリカのジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は、連邦ガソリン税の一時停止を議会に要請した。また、バイデン大統領は国内外の石油メジャーに対して、より多くの燃料を供給するよう働きかけている。

これらの行動は、5月の「G7気候・環境大臣会合」で発表した内容とは相反するものだ。そこでは、2022年末までに外国での化石燃料プロジェクトに対する融資を終了し、2025年までに国内の補助金を終了すること、2035年までに電力網を大幅にクリーンなものにすること、「停止しない」石炭火力発電(炭素回収・貯蔵技術を伴わない)を段階的に停止することが掲げられていた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み