無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


約3万年前のマンモスの子どもを発見…皮膚や内臓などもほぼ完全な保存状態で

ほぼ完全な3万年前のマンモスの子どもを発見

カナダのユーコン準州のトロンデック=クロンダイクで見つかったマンモスの子ども「ヌン・チョ・ガ」。

Yukon Government

  • 鉱山労働者がミイラとなった3万年前のマンモスの子どもをカナダのユーコン準州で発見した。
  • 北米で見つかった中では最も完璧な状態のマンモスだ。
  • マンモスの子どもはメスで、皮膚、脚の爪、毛、腸も残っている。

金鉱山の労働者が、カナダのユーコン準州のトロンデック=クロンダイクで、ミイラとなったマンモスの赤ちゃんを発見した。現地政府の発表によると、マンモスの子どもはメスで、現地の先住民族の長老によって「大きな動物の赤ちゃん」を意味する「ヌン・チョ・ガ(Nun cho ga)」と名付けられた。

ヌン・チョ・ガは北米で見つかったマンモスの中で、最も完全な状態のものだ。

発表によると、ヌン・チョ・ガは3万年以上前の氷河期に死亡し、その後、永久凍土層で凍った状態で保存された。彼女は、ユーコン各地を野生の馬、ホラアナライオン、ステップバイソンなどとともに歩き回っていたのだろう。

凍っていたヌン・チョ・ガは、クロンダイクゴールドラッシュ国立史跡公園で泥を掘り起こしていた1人の若い鉱山労働者に発見され、地質学者によって回収された。

ユーコン準州政府の古生物学者、グラント・ザズーラ(Grant Zazula)博士は、「鉱山労働者が北米の古生物学界で最も重要な発見をした」とウェザー・チャンネルで述べた。

マンモスの子どもはおそらく母親と一緒にいたが、少しはぐれて泥に足を取られたのだろうとザズーラ博士は語った。

今週(夏至と先住民の日に!)、クロンダイクの永久凍土で見つかったマンモスの赤ちゃん、ヌン・チョ・ガに携わったことは、私がこれまで行ってきた中で最もエキサイティングな出来事だ。

このマンモスの発掘に携わったカルガリー大学のダン・シュガー(Dan Shugar)教授は、この発見は「私が関わったものの中で最もエキサイティングなこと」と語っている。

彼は、ヌン・チョ・ガは脚の爪、皮膚、毛、そして腸には最後の食事だった草さえも残っており、いかに完全な状態で保存されていたかを語った。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み