無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「世界初」ロボットが最短45秒でパスタを調理。丸ビルでプロント新業態を食べた

パスタ

プロントの新業態「エビノスパゲッティ」の商品「トマト&トマト(990円)」。とてもロボットがつくった商品には見えない。

撮影:小林優多郎

飲食チェーンのプロントは、6月30日から新業態「エビノスパゲッティ」の1号店を東京・丸の内の丸ビルにオープンする。

エビノスパゲッティはスパゲティとアルコールを中心にした店だが、最大の特徴は世界初導入となるパスタ自動調理ロボットだ。

最速45秒でパスタがつくれるロボット

店内とロボットの様子。

撮影:山﨑拓実

エビノスパゲッティ 丸ビル店は、カウンターと小さな4人がけのテーブルがある全32席のややコンパクトな店だ。

店頭には暖簾がかかっていたり、全体的に温かみのある木目調の店内は、少し高級な和風の雰囲気を醸し出している。

しかし、店舗の奥には世界で初めて「注文に応じて麺の茹で、具材・ソースの供給、調理、鍋の移動・洗浄を自動で行う」ロボットが鎮座している。

調理ロボット

アーム型ロボットが茹でたスパゲティを加熱用の容器に移すところ。

出典:プロント

調理ロボット

加熱機は回転しており、従来の人の手による調理の約2倍の温度で熱する。

出典:プロント

驚異的なのはそのスピードで1品目は約75秒、2品目以降は約45秒で一連の動作が完了する。

最終工程である皿への盛り付けと、客への配膳は人間が行うが、ほとんどの調理工程を1台のロボットが行なっているのは驚異的だ。

4年の研究期間を経て「シェフの味」に近づく

P-Robo

P-Roboの全体。

出典:TechMagic

スパゲティをつくるロボットの名前は「P-Robo(ピーロボ)」という。

2018年からプロントと調理ロボットのスタートアップ・TechMagicが共同開発を始めて、今回初披露となった。

杉山和弘

プロントコーポレーション 常務取締役の杉山和弘氏。

撮影:小林優多郎

6月27日に開催されたメディア向けの先行試食会で、プロントの常務取締役である杉山和弘氏はP-Roboのこだわりのポイントとしてはまず「おいしさの追求」を挙げた。

「(少子高齢化などで今後も)飲食(をする人)の絶対数が減る、労働力も減る。けれど、おいしくなければ続かない」(杉山氏)

料理をロボットがつくるというアイデアに、当初は社内でも反対の声は上がっていたそうだが、「やってみなはれの精神で実行した」(杉山氏)という。

そこで白羽の矢が立ったのがTechMagicだ。TechMagicはロボットのハードウェア、ソフトウェア両面で開発を進め、「グラム単位での材料やソースの調合と繊細な温度調整」により「熟練のシェフの味」に限りなく近づいた味を実現しているという(いずれもTechMagic担当者)。

スパゲティ

当初提供されるスパゲティは全8種類。価格は858〜1078円(税込)。

撮影:小林優多郎

筆者も実食してみたが、人間のシェフがつくったと言われても疑わないだろう、カフェ業態のプロントと遜色のないおいしいパスタだった。

麺の硬さは少し硬めで(筆者個人的には)好みの硬さ。温度はアツアツ。とても1分前後で調理できた料理とは思えなかった。

おそらく、ロボットの存在を知らずに、何気なくパスタを食べに来た客は、ロボットの存在にまったく気づかず食べて、帰るのではないだろうか。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み