無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中絶違憲判決にアマゾン従業員300人超が嘆願書。「会社の発言力をもって最高裁を非難せよ」

中絶禁止に抗議する人々

米最高裁が中絶を違憲とする判決を下すとのリーク情報を受け、抗議の声を上げる人々(2022年5月14日撮影)。

Kevin Dietsch/Getty Images

アマゾンの従業員数百人は6月27日、社内請願書に署名し、「ロー対ウェイド判決(※)が覆されたことによる基本的人権への脅威に対して、迅速かつ断固たる行動」をとるよう会社に求めた。

※ロー対ウェイド判決とは
アメリカの最高裁が1973年に下した判決。それまでアメリカでは中絶は違法とされていたが、この判決により中絶は女性の権利として認められ、人工妊娠中絶を規制する州法は違憲とされるようになった。

この嘆願書には、6月27日午後の時点で300人以上の従業員が名を連ねた。Insiderが入手した請願書と署名の画像から、請願書は6月24日午前中にトラブルチケットとして提出されたことが判明した。

Insiderはアマゾンの広報担当者にコメントを求めたが、回答は得られなかった。同社は5月、生殖医療のために旅行する必要のある従業員に対し、最大4000ドル(約54万円、1ドル=135円換算)の旅費を会社が負担すると発表している。

「アマゾンの発言力をもって非難せよ」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular