無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Buy

【電力需給ひっ迫】万が一の停電への備えとなる3つの重要アイテム。災害対策品としても役立つ

220628blackout

画像:Amazon.co.jp

「電力需給ひっ迫」の問題が深刻さを増している。

大規模停電を回避するためには、自宅やオフィスなどで、それぞれが無理のない範囲で節電を心掛けるしかない。その一方で、万が一の停電に対する備えも用意しておきたいところだ。

停電は、台風や地震などの自然災害時にも起こりうる。停電への備えとして常備しておきたい3つのアイテムを紹介する。


1. モバイルバッテリー

非常時には情報収集が大切だが、スマートフォンやノートPCなどバッテリー駆動する機器がそのメインツールとなる。これらの機器のバッテリー残量が少ない状態にならないよう気を配るとともに、モバイルバッテリーを準備して電力需給がひっ迫していない時間帯に充電しておこう。

モバイルバッテリーを今から購入するのであれば、容量は1万Ah以上がおすすめ。USB PD(USB Power Delivery)対応で高出力タイプの製品であれば、USB PDに対応したノートPCへの給電も可能だ。

また、さらなる安心と利便性を得たいならば、ポータブル電源も選択肢に入るだろう。ACコンセントを備えており、扇風機やデスクライトといった小型の家電を使えるようになる。アウトドア好きの人であれば、キャンプや車中泊でも活用できる。

2. 懐中電灯かLEDランタン

停電対策アイテムの定番といえば懐中電灯暗闇で過ごす不安を軽減することにもつながるため、乾電池のストックとともに1台は用意しておきたい。

キャンプなどで使うLEDランタンは、懐中電灯の代用品になる。USB充電式であれば、乾電池は不要だ。スマートフォンなどへの給電機能を備えたモデルやソーラー充電式のモデルを検討してもいいだろう。

3. 飲料水

停電の際に水道も止まってしまうことはあまりないが、マンションなどの集合住宅では注意が必要。特に夏場はこまめな水分補給が必要になるため、飲料水は十分に確保しておきたい。

冷房が使えなくなる夏場の停電では、熱中症対策も必要になる。水分だけでなく、塩分や糖分の補給にも気を配ろう。塩分入りタブレットやスポーツドリンク、経口補水液などを用意しておくと安心だ。


注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

(文・加藤肇)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み