無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


景気後退を恐れるよりも、インフレ抑制を最優先するべき…BISが提言

アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長。ここ数カ月、FRBがインフレ抑制のために金利を引き上げていることから、投資家は景気が後退するのではないかと懸念している。

アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長。ここ数カ月、FRBがインフレ抑制のために金利を引き上げていることから、投資家は景気が後退するのではないかと懸念している。

Susan Walsh/AP Photo

  • パンデミック後の景気回復により「歴史的に前例のない」状況が作り出されていると、国際決済銀行のストラテジストは述べている。
  • FRBや他の中央銀行は、インフレを抑制するために短期的な経済的痛みを伴うリスクを負う必要があると述べている。
  • 中央銀行があまりに早く金利を引き上げることで、景気が後退するのではないかと、投資家は懸念している。

中央銀行は可能であれば景気後退を最小限に抑えるよう努めるべきであるが、他の何よりもインフレの抑制を優先させなければならないと国際決済銀行(BIS)が主張している。

各国の中央銀行の金融政策を調整するBISのストラテジストによると、もしインフレが制御できなければ、今ですら高すぎる物価上昇率がこのまま定着してしまう恐れがあるという。

コロナ不況とその後の景気拡大によってインフレ圧力が強まり、金融の脆弱性も高まった」とBISのストラテジストが2022年6月27日公開の年次報告書に記している。

「このような組み合わせは、これまで前例がない」

新型コロナのパンデミック時には、ロックダウンなどの規制によって個人消費、サプライチェーン、工業生産が打撃を受け、景気が減速した。しかし、規制が解除されて経済が再び動き出すと、低金利、高い財政支出、潜在的な需要のために住宅価格、株価、賃金がいずれも高騰した。

5月のインフレ率はアメリカで8.6%と4年ぶりの高水準に達し、ユーロ圏でも8.1%を記録した。これを受けて、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)は75bp(ベーシスポイント)の利上げを行い、欧州中央銀行も7月に11年ぶりの利上げを予定している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み